ヴァリエーションが好きやねん vol.2

伊吹山 中尾根 19.3.2



伊吹はこれまで2回登っているので、さほど関心がなかったが
中尾根ルートのレポを読むと、
スキー場跡から上がる表登山道と随分違う印象を持った。
冬季ならではの稜線の美しさが中尾根にあった。
これは行かなくっちゃ、と。

● ● ●

上平寺の取り付きの手前に駐車スペースがあり、そこに車を駐め
8時すぎにレディゴー。

尾根尻から取り付き尾根通しに歩を運ぶ。
最初は植林帯、登山道らしき道はない。
取り付き場所を間違えたかも。
そのうち登山道が出てくるやろと。



高度400あたりから掘割道がでてきた。

掘割道、植林帯を抜けると気持ちが晴れるような自然林、
そして整備された歩きやすい道。
伊吹にもこんなところがあるんだと。
その道は弥高から続いている伊吹山歴史と自然の道らしい。
これは弥高山のピーク838辺りまで続き、高度900辺りで不明瞭になった。



樹林帯の間から、待望のピークに続く中尾根の稜線。



高度900を過ぎたあたりから、背の低いクマザサ。
道なき道を行く。



散乱する石灰岩は2週間前に行った霊仙山と同じような光景。
こちらの方がその岩は大きく、多い、おまけに歩きにくい。



高度を稼ぐとスキー場から上がってくる表登山道が視界に入って来た。



言いようのない蒼穹。



ピークから派生する北東尾根。



蒼穹に吸い込まれて行くパートナー。



ほぼ12時、ピークを踏む。
無風、快晴。
これまでの抱いていた伊吹の印象の風が強くて寒い山とは様変わり。
視界もグッド。
木製ベンチに座し、白山、奥美濃の山々を遠望。
とりわけ能郷白山が素晴らしく、もう一度行きたいなと。

恒例のメモリーショット。


なためさん、ウォンタさん、小生

次回行こうかなと思っている金糞岳。
それまで雪が残っているやろか。



下山は一般ルートで五合目まで下りて、そこから中尾根へ。
ピークから中尾根の下山はちょっと足下が不安定なのでそれを選択。

一般ルートから山頂まで広がる裾野を一望。



五合目から中尾根に続くトラバース道がある筈だがわからない。
3人で検証した結果、中尾根を目指してヤブに突入することに。
できるだけヤブの薄いところを見つけながら歩を運ぶと
猟師道だろうか、薄い踏み跡あり。
それをなぞって行くと谷へ。
一見すとんと落ちた斜面に見えたが難なく谷底へ。
目の前の尾根尻から北東に50mほど登ると中尾根の登山道に合流。

結果論から行けば、五合目の少し上あたりにトラバース道があるらしいことが
家に帰ってから調べたら解った。



15時30分頃、駐車地点。

雪を求めて中尾根の計画を立てたが見事に雪はなし。
それでも中尾根がどんなところかわかったので、
それなりの収穫はあった。
ただ冬季は中尾根ピストンが正解なんでしょうね。

今回のルート
正確には上平寺尾根~弥高尾根~中尾根~伊吹山らしい。




  1. 2019/03/05(火) 10:43:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017謹賀新年


▲2016.4.30乗鞍岳
  1. 2017/01/02(月) 00:36:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2015謹賀新年


▲2014年2月の大日岳に向かう稜線
  1. 2014/12/31(水) 23:29:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2014年賀


▲2013.5.4 霞沢岳
  1. 2014/01/01(水) 00:15:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2013年賀


▲2012年4月8日、越前甲から白山方面の眺望
  1. 2012/12/31(月) 21:49:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ