ヴァリエーションが好きやねん vol.2

新田林道から行者還岳 18.5.20




過去何度か登っている行者還岳だが、今回のルートは初めて。
冬季ピークを踏むのにチャレンジできるルートみたいなので下見をかねて計画。

● ● ●

R309から天ヶ瀬林道に入り水太谷林道との出会いすぐの橋を渡ったところに車を駐車。
9時05分レディゴー。

事前にネットで下調べをしたが最近のレポがなかった。
林道歩きが多くなるとのことだったがさてどれほどか。

林道終点のゲートを左から回り込んで入る。
少し歩を進めたところで林道は寸断。




前方に堰堤。
右岸の斜面から堰堤を越えて行く。
その堰堤を越えて谷筋に下りたかったが傾斜が急で下りられない。
しかたなく右岸の斜面をトラバース気味に進むが
慎重な足運びを要求される。




GPSを見やると谷筋を離れて下山時のルートに接近している。
計画を変更して周回ルートを逆回りに進むことも刹那頭をよぎったが
谷筋に下りて目指す左岸尾根に取り付くのに
傾斜のゆるい斜面が前方にあるのでそこまで我慢することに。




堰堤を越えて緑の破線のルート取りをしたかったが
結局50分近くのアルバイトをすることに。




地形図の読み通り、簡単に谷筋に下りたあとは
渡渉し左岸尾根の林道に取り付く。

今回のルート、ここまでが核心だった。
あとは奥駆道まで林道をひたすら進むのみ。
ただ単調な林道歩きのはずが轍のない林道だったので
さほど苦痛には感じなかった。

以前は登山道として利用されていた名残の道標もあったが
最近ではこのルートに足を踏み入れる者はほとんどいないだろう。




奥駆道に上がる近くに展望テラスがあった。
ここから眺める行者還岳のピークはグッド。




高度1300あたりまで続いた林道も絶え
大峰らしいブナの斜面が出現。
奥駈道まであと高度100!!!




おなじみの大普賢。




奥駈道に上がると待望のシロヤシオのお出迎え。
大峰界隈でもこの辺りのシロヤシオは屈指。




行者還岳の小屋、12時40分。
小屋の中に入り昼食タイム。

行者還岳が初めての4人はザックをデポしてピークを目指す。
残りの3人は、僕を含めて何度もピークを踏んでいるので
小屋に残り疲れた体を労る。

ピークを目指した4人が帰って来て恒例のメモリーショット




今日の仲間は、なためさん、ウォンタさん、まっちゃん、こじろーさん、sakoさん、ハラッチさん、小生

下山は奥駈道をP1450まで南下して清明ノ尾出合周りで駐車地点へ。

この年代物のタイタンを見たかった。(笑)




初めて見るヤマシャクヤク。
同行者の説明がなかったらお花音痴には解らなかった。




清明ノ尾出合からの縦横無尽と言っても過言でない林道の出現はすごかった。
地図にはない林道なので下山方向だけを決めて下りて行った。

16時25分、駐車地点。



  1. 2018/05/22(火) 00:23:39|
  2. 大峰の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅葉目当ての中奥から白髭岳へ 17.11.05




過去神之谷から白髭岳のピークは2回踏んでいるので、今回は中奥から。
今夏鳥渡谷遡行した時、水処理場まで車であがれることを確認済み。
エアリアマップでみると中奥集落から登山口まで2時間となっているが
林道歩きが2時間となると歩く前に敬遠してしまう。
が、水処理場まで車で上がれるなら時間は半分で済みそう。

● ● ●

その水処理場前に車を置き、9時過ぎレディゴー。
水処理場から上も林道が続いているが崩落している箇所があり
水処理場から上へは行けない。
林道歩きと言っても落ち葉に埋まった林道なので退屈しない。
加えて道中目的の紅葉が目を和ましてくれる。




林道から眺める大鯛滝。
落ち口に単独の人物を確認することができたがどこから登ったのだろう。
僕たちは大鯛滝を下から眺めて金馬道へ上がり下山したのだが。







駐車場から50分で登山口。
谷に下りて渡渉し、踏み後の薄い急斜面を登って行く。




高雄から派生する北東の稜線に上がるまで九十九折の急斜面。




その稜線に上がるとお目当ての紅葉。
ドンピシャじゃないけど、こんなものやろと。
ブナの黄葉を見たかったのだがそのブナの木が少なかったのが少々心残り。










前方に急勾配の登り。
刹那これを登るのかと思ったがトラバース道があったのでやれやれ。














高度を稼ぐと先だっての台風の影響か、木々の枝はすっかり落葉し、冬の佇まい。







もう少しで山頂。
登りはいいのだが、下りは踏み跡が落ち葉に埋まり迷いそうな雰囲気のところ。




ピーク、12時20分。

南西に大峰の山々。
その中で大普賢が雲海にとけ込んで実にいい雰囲気。





神之谷から登って来た若者にメモリーショットを押してもらう。




今日の仲間は、ハラッチさん、キャットさん、山けんさん、小生

そのピークで昼食を摂り、くつろいだ後は来た道をピストン。
登りの際に懸念した落ち葉に埋まった広い斜面の分岐では
GPSの確認を要するところがあった。




15時40分下山。

今回の山行で得たことはかつて登った山もルートを変えて登ると
同じ山とは思えない新鮮さを感じたことか。



  1. 2017/11/08(水) 23:57:38|
  2. 大峰の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大所山~熊山周回 17.4.23




今回のルート、8年前に周回しているが10時間要している。
その間八つの齢を重ねて果たして歩けるのだろうか。
難路もあったし、悪路もあったような・・・、記憶があるだけに。

● ● ●

土曜の夜、あきつのスポーツ公園で前泊。
ここを利用するのは初めてであるが、五社トンネルを抜け出た所を右折したところにある。
トイレもあるし、R169の車の騒音も耳に入らないし、なかなかいい所だった。

行程がロングなので、日曜の朝6時前にテントをたたみ、取り付き口の下多古に移動。
6時40分レディゴー。
下多古谷の左岸を進む。
琵琶谷への分岐から下多古谷を離れ、枝打ちされた植林の急斜面を登って行く。




高度を稼ぎ、あとわずかで大所山の稜線に上がる手前ぐらいなところに
岩場が出現。




大所山への稜線に8時10分に上がる。

タイトルは大所山のピークを踏んだような書き方をしているが
実際は大所山へは行かなかった。
前回ピークを踏んでいるし、そのピークからは展望も得られないし
なによりも長丁場の行程なので少しでも時間を稼ぎたかった。




下界の街路樹には新緑が芽吹いているというのに
お山ではまだ冬を抜け出したばかりの風景。
その冬からめざめたバイケイソウ。




高度1284の南の岩塊。今回のルートの核心。
どこから取り付くか攻略しそうなところを眺めていると
細引き1本とトラロープが1本張られていた。
細引きは今にも切れそう。
トラロープは進入禁止を意味するようにも見えた。

立ち木とその根を掴みながら登って行くことに。
痩せ尾根みたいになっていて高度感はある。
油断することなく立ち木をかき分けながら登って行く。




岩塊を乗り越えてもシャクナゲの木が邪魔になって歩きにくい。
1284からの悪路を抜け出すのにちょっと時間を喰ったかも。







悪路を抜け出すと大峰らしい樹林帯が広がっていた。
ブナの木に新緑が芽吹いたら美しいだろうなと。




奥駈道に乗るとなんと歩きやすいことか。
さすが整備された奥駈道と言ったところ。







1448の今宿跡から奥駈道と別れ東に歩を進める。
所々に勝負塚山への案内板を散見。
五番関から勝負塚山へ通じるルートである。




熊山へはGPSがなければ迷い込みそうな尾根筋が何本かあるが
GPSのおかげでスムーズに熊山へ。

その熊山に14時。
山名板もなにもないが、恒例のメモリーショット。



今日の仲間は、なためさん、YASSAN、小生

その熊山のピークから降りるのにザイルを出して懸垂下降。
残置のトラロープがあったが、せっかくザイルを持参したので使わなくっちゃ。




1284の岩塊から続く悪路よりもさらに慎重さを要求される悪路。




高度750まではザイルを何度か出して下りたが
あと50mも下れば林道に下り立つことができるところでアルバイトを強いられる。
尾根斜面が広いので下る尾根筋を特定できなかったのが
アルバイトをすることになった原因。
結果、もう一本東側の尾根を下るべきだった。

16時10分、駐車地。
9時間30分の長丁場。
なんとか歩けたのでまだまだ歩けるかなと。(笑)
アルバイトがなければ9時間を余裕で切れたのに。



  1. 2017/04/25(火) 22:09:32|
  2. 大峰の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天和山~滝山周回 16.12.4




天和山(てんなさん)、滝山は大峰山系ではマイナーな山。
天川村の南西に位置し、
冬期は弥山など冠雪した山々を遠望できるビユーポイントである。

● ● ●

天川和田の発電所手前にある郵便局の駐車場が日曜日で空いていたので
勝手に車を駐めて8時30分レディゴー。

天ノ川を渡り、発電所を左に見ながら進むと登山届けの箱があった。
高度1270mの山でも登山届けが・・・と思いつつ
それを見やりながら植林帯の中に入って行った。

しばらく九十九折の道が続く。
展望もなくもくもくと足を運ぶのみ。




真西の方向に素敵な山容が視界に入ってきた。
どこの山だろうとエアリアマップを広げ、山座同定。
たぶん大塔村の唐笠山だろうと。
(帰宅後ネットで調べるとそうだった。)




伐採された植林跡に出ると開けて気持ちがいい。




10時20分、川瀬峠。




稜線歩きは言うまでもなく気持ちがいい。
植林帯を抜け、周りが自然林なので況んやおやである。







天和山、11時。

一目でわかる山容の稲村岳と大日岳。
ネットでは大峰の山々も冬支度との情報があったので
冠雪したそれらを眺めることができるかと期待していたが空振りだった。(笑)




弥山と八経だろう。(たぶん)




ピークは南東からの風が冷たく、その中で恒例のメモリーショット。




今日の仲間は、なためさん、ハラッチさん、小生

ピークを後にし、南西の風が幾分弱まるところで昼食タイム。
食後、川瀬峠まで来た道をピストン。

川瀬峠から滝山まではほどよいアップダウンが続く。




振り返ると天和山、それは三つの小ピークの右側。







滝山13時10分。




高度1080にモノレールの分岐があり、下山は北東方向のモノレールを伝って
劇下りの斜面を下りる。

モノレールを右に左に跨いだりするうちに
何カ所かでモノレールを支える支柱にすねを打ち、擦り傷を作る。




「バリエーションが好きやねん」通りの劇下りが続く。(笑)




滝山から一時間足らずで一気に下りる。

14時20分、駐車地。

滝山から下ってくる時にぽつりぽつりと空が泣き出していたが
植林帯の中なのでさほど気にすることもなかった。

駐車地に着いた時にはちょっと強い雨になり始め、
滑り込みセーフと言ったところだった、チャンチャン!!!



  1. 2016/12/05(月) 23:40:46|
  2. 大峰の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水太林道~大普賢岳~岩本新道 16.9.18




ブログアップで生息証明をば!(笑)

持久力を維持するために近場の山を歩いたりしていたが
8月はブログを更新するほどの新鮮なネタがなかった。

今回は八ヶ岳の天狗尾根を周回する予定だったが
あいにくの天候不順を前に計画が頓挫。
代替え山行として何度も足を運んでいる大普賢へ行くことに。

● ● ●

大普賢のピークを踏むのは今回で6度目。
ルートは和佐又から2回、上谷から2回、そして今回の水太林道から2回。
好きな山だけにどういうわけかよく憶えている。
その水太林道は7~8年ぐらい前に登って以来だが
その記憶を辿って無双洞をめざす。
9時レディゴー。




前方にザァーザァーと水が勢いよく落ちる水簾の滝。
気温が高ければ落ち込み近くまで足を運び
マイナスイオンを身体いっぱい浴びるのだが今日はさほど暑くないので
誰も足を運ぼうとしない。(笑)




無双洞がない。
ないというより気がつかなかった。
それに気付いた時には、すでに七曜岳への急斜面に取り付いていた。
引き返すのも面倒だしそのまま登ることに。

今日の予定は無双洞から岩本新道を経て反時計回りに周回する予定だった。
時計回りに周回するよりは少しは楽かなと思ったので。




九十九折の急斜面をこなすと、稜線に大普賢名物の梯子や階段が次から次へ出てくる。
例年夏場は沢遡行をするのでしっかり歩くことを要求される山行はちょっとつらいところ・・・。
七曜岳から大普賢岳はずいぶん長く感じられた。




疲れをまぎらすために視線を西に向けると
指呼の先に神童子谷を挟んでバリゴヤの頭が聳える。
そのピークを一度踏んでいるが、ルートを変えてまた登りたいなと。




大普賢が初めての山なら変化に富んだ登山道をカメラに納めんとしただろうが
個人的に新鮮味がないのでこのあたりからほとんどシャッターを押さなくなった。

シャリばてになる前に七曜岳を過ぎたあたりで昼食タイムに。
そして大普賢、14時少し前。
ピークの標識の前は7、8人のパーティが占拠して写真を撮っていたが
それが終わるのを見計らって僕たちの番。



今日の仲間は、なためさん、YASSAN、小生

日没までに水太林道を抜け出したかったので
メモリーショットもそうそうにピークを後にする。

真西には稲村岳&大日岳。




笙の屈まで鉄製の階段が随所に出て来た。
ピークから約一時間で笙の屈。




その手前を右折れすると岩本新道なのだがあまり利用されていないのだろうか
踏み跡がずいぶん薄く感じるところが多々あった。

和佐又~大普賢~無双洞は人気の周回コースだったはずだが今はどうなのだろう・・・。
ルートファインディングを試されるところが何カ所かあった。
今は一般ルートではないかも・・・。

登りの時に気がつかなった無双洞は、結局下りの時も確認することができなかった。
家に帰ってログを見ると
周回ルートのターミナルになっていた無双洞周辺は
度重なる水害の影響で地形が変わって、登山道が若干変わったようだ。




久しぶりの周回コース。
歩き甲斐のあるハードなルートは相変わらずだった。
  1. 2016/09/19(月) 21:35:01|
  2. 大峰の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ