ヴァリエーションが好きやねん vol.2

霊仙山西南尾根 19.2.17




昨年初めて西南尾根から登ったが、稜線からの景観に魅せられた。

メンバーの足並みが揃わずピークを眺めるだけで
Uターンの憂き目にあった昨年のリベンジをなんとかはたしたいと今年も計画。

昨年のブログは霊仙山西南尾根18.2.18

● ● ●

昨年は取り付き付近に積もっている雪に立ち往生している車があったが
今回その雪は皆目なし。
昨年と同じ所に車を駐め、8時30分頃レディゴー。

廃村の今畑、住職のいないお寺の脇を通り抜ける。
まだまだ使えそうな建物、地域活性化の空間として利用できないものだろうか。




稜線は青空が広がり、春山の雰囲気。
雪を求めてきたが、これはこれで気持ちがいい。







急斜面に散乱する石灰岩。
雪が溶けて、土がゆるみすべりやすい。
九十九折に付いていた先行者のトレースも消えて
石灰岩の間を縫うように高度を稼いでゆく。







急斜面を登りきったところが近江展望台。
そこから近江市内を俯瞰するよりも前方に広がる霊仙山のカルスト台地の広がる景観が実にいい。
登り始めは青空が広がっていたが、頭上は雲の流れが忙しい。




稜線上は北西の風が冷たく、耳当てをする。







同じような眺めが続くが飽きない。







気温の割には十分なエビのしっぽが群がる。
冷たい風のせいだろう。







登り始めた時は春山だと思ったが
ここら辺りはまだまだ冬の様相だった。




霊仙山最高点、11時50分。
ピークでメモリーショット。
パートナーはなためさん。




最高点から北西のもう一つのピーク霊仙山には10分ほど。
何人かのパーティーが立っているのが見て取れる。
そこまで距離はありそうだが、カルスト台地で多少の起伏があっても
体に堪えるようなものでないので足取りは軽い。




霊仙山、経塚山を経由して経塚山北東にある避難小屋で昼食タイム。
鈴鹿の山でも霊仙は風が強い山だと思う。
その風を避けての小屋での昼食は最高のくつろぎ。
日本酒の熱燗が五臓六腑にしみ込み冷えた体を点火する。(爆)




下山はあせふき峠から今畑へ。

登りの近江展望台の斜面も土がゆるみ登りにくかったが
下りのこちらもお虎ヶ池を過ぎたあたりからの急斜面が
それとは比べ物にならないぐらいのぬかるみ状態。
登山靴もドロドロ。
滑るとオーバーパンツは万事休すで、慎重に足を運んだ。
故に今回の核心はここだった。

あせふき峠から今畑は谷道で初めてだったので
どんな道か楽しみだったが多少荒れ気味。
渡渉を2、3回繰り返したか。
昨年みたいにたっぷり積もった雪だとけっこう手間取るかなと。

15時20分、下山。

今年の雪山、今回で3回目。
これまでの2回は予定のピークに届かず敗退。
やっと白星がつき気持ちもほっ!!!(笑)



  1. 2019/02/19(火) 10:43:19|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奥の畑谷~雨乞岳~西尾根 18.11.18




奥の畑谷は何度か計画を立てつつも、天候不順で流れたところ。
今回は快晴下、バリエーションが好きな者しか味わえない
絵画のような世界が広がる素敵な空間に身を置くことができた。

● ● ●

土曜の夜、昨年できた永源寺道の駅で前泊。
一夜明けると数台しか駐まっていなかった車が結構増えていた。
たぶん山やさんの車だろう。

甲津畑の集落を抜け、岩ヶ谷林道の駐車スペースに車を駐め、
7時30分レディゴー。

奥の畑谷の取り付きまでが長い。
林道歩きを含めて1時間強を強いられる。

ツルベ谷出合を過ぎてほどなく下の左の写真の架け橋を渡ると
右手が奥の畑谷の取り付き。
明白ではないが踏まれたトレースあり。




奥の畑谷に分け入ると落ち葉がたっぷり堆積し、足下のクッションが心地よい。




枝々の葉はすでに落葉していたが、足下の茶褐色の杉こけと調和し
光線を浴びてダイヤモンドダストのように光り輝く。

年に数度しかないような快晴。おまけに無風で最高の条件。




谷を詰めて行くので何度か渡渉を繰り返す。

高度1000まではゆったりとした傾斜の谷を上がって行くので息があがることはない。




右手に稜線が見えたので100mほど急斜面を喘ぎながら登って行く。




稜線に上がるとため息のでるような美しい世界が広がっていた。




進行方向の指呼の先に雨乞岳。
9年前初めて雨乞岳のピークを踏んだ時の思い出が蘇った。
ピーク近くの身長が隠れてしまうほどの笹は当時と何も変わっていなかった。




稜線から上がって来た奥の畑谷を俯瞰する。







ピーク間近のささやぶを漕いで11時10分、雨乞岳。
雨乞岳は人気の山だけあって、ピークは名古屋弁が花盛り。

恒例のメモリーショットは


なためさん、ハラッチさん、YASSAN、山けんさん、小生

名古屋の団体さんが立ち去った後、昼食タイム。

南東に山容の凛々しい鎌ヶ岳。




昼食後は雨乞岳西尾根から。
踏み後のない笹薮の中、方向だけを決めて足を運ぶ。




西尾根はテープ類が随分少ない。
故に分岐にさしかかるとGPSを見ての確認を怠れなかった。




綿向山、イハイガ方面を遠望。




西尾根を下ったところは蓮如上人旧跡の真ん前。
予定のルート通りだったので嬉しかった。

そこから車を駐めてある1時間強の歩きは
能郷白山の林道歩きを思い出した。(笑)

15時駐車地点。

今回の山行、冬季の下見も兼ねていたのだが
奥の畑谷のスノーハイクだけでも楽しそうだなと。



  1. 2018/11/20(火) 23:42:24|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霊仙山 西南尾根 18.2.18




霊仙山は過去3回登っているが、十数年前のことなので
曖昧な記憶の断片しか残っていない。
覚えているのは取り付きが醒ケ井から2回、そして柏原から1回。

先だってトガスからの帰り道、米原ジャンクションの後方に光輝く霊仙山の山容に触れて
久しぶりに行ってみるかと。

ルートはネットで調べてみたら西南尾根がたかだか1000m足らずの山とは思えない
バリエーションと美しい光景の展開するルートみたいなので
西南尾根をピストンすることに。

● ● ●

今は廃村になっている今畑を過ぎて登山口の手前500mくらいのところに駐車。
林道脇でスタンバイをしていると数台の車が先へと通り抜けて行った。
轍のない雪に埋まった林道だったので安全優先で登山口まで行かなかったが
登山口まで入って行った車は勝手知ったる人たちだろう。

9時15分、レディゴー。
登山口で準備をしている人たちを脇目に通り過ぎようとしたら声がかかった。
「どっちのルートから」
「西南尾根をピストンです。」
「汗ふき峠経由で周回するので、あなたたちもトレースをつけておくから逆回りで周回したら。」
「いや周回はちょっと大変みたいだからピストンでいいです。」と
こんなやりとりをして取り付きへ。




前日に適度に降り積もっただろう新雪が歩きやすい。
滑ることなくノーアイゼンで進む。




道中、福井から来たカップルと抜きつ抜かれつの間隔を保ちながら歩を運ぶ。
高度700辺りで先行したカップルがスノーシューをセットしているので僕たちもセット。

樹間から目指すピークが見えるが、空模様はすっきりしない。







素敵な樹氷のプロムナード。
青空だったら歓声の声が上がりそう。




前方に今回の核心の急斜面。
その急斜面に取り付くころから空はブルーが支配的になってきて気分は高揚。




その急斜面で福井のカップルを追い抜き僕が先頭でラッセル。
体調もいいせいか、さほど苦にすることなく高度を稼ぐ。
スノーシューを蹴り込んでもずるっと滑るところもあったので
しっかり蹴り込み滑り落ちないように最大限に注意を払う。

後方を振り返ると結構手こずっているみたいだがなんとかなりそう。




後方の進み具合を確かめながら立ち止まっては四方に広がるパノラマをカメラに収める。

時折舞い上がる横殴りの雪煙。
耳たぶが痛くなってくるのでニット帽の下に耳当てをする。




福井のカップルも頑張っている。




えも言われぬ蒼穹。







病み上がりのなためさん、ファイティン!!!







琵琶湖の向こうに赤坂山あたりの山並み。







高度1000M足らずの山とは思えない素晴らしい光景が広がる。




雪に埋もれた近江展望台。




その展望台を過ぎればほぼフラットな稜線が続き
指呼の先に最高点が見え、人だかりも確認。
ただ時計をみやり後続の足取りをみると最高点到達は無理かなと。
そして13時をタイムリミットと設定。







自然の織りなすオブジェ。







13時少し前、Uターン決定。
Uターンを決めた地点から最高点まで20~30分もあれば到達可能だったが
今回の目的の西南尾根を登るという目的は叶ったので
別にピークを踏むことにこだわりはなかった。




いつもピークで納めるメモリーショットは
青空と雪屁の織りなすバックを入れて納める。




今日の仲間は、山けんさん、ハラッチさん、ガンちゃん、なためさん、小生

Uターン地点から風のないところを求めて下って行き昼食タイム。

昼食後は核心の斜面の下山。
スノーシューを装着したままでは直線的に下りれない傾斜なので
九十九折にトレースを付けながら下りて行った。

15時45分、下山。

今回の霊仙山の西南尾根、天気と新雪に恵まれ予想以上のいい稜線歩きを堪能できた。



  1. 2018/02/20(火) 00:24:31|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

入道ヶ岳 17.2.12




入道ヶ岳は5年前小岐須渓谷の池ヶ谷から入道のピークを踏み、
イワクラ尾根経由の仙ヶ岳を周回して以来。
雪のある時期の入道は初めてである。

今回行き先が入道に決まるまで
積雪を伝える天気予報の前に二転三転した。
比較的青空がのぞき雪もそこそこあって楽しめるだろう予測のもとで、入道に落ち着いた。

● ● ●

椿大神社の駐車場に車を駐め、8時20分レディゴー。
参拝する人たちの車だろうか、賑わいを感じる駐車場だった。




今日は北尾根からピークを踏み二本松尾根を周回するルート。
無雪期ならハイキングルートかも。(笑)

鳥居をくぐると石段が続く。
初めて歩くルートなので、目に入るものがすべて新鮮。

先行者が相当数入っているだろうなと思わしめるしっかり踏まれたトレース。




高度を稼ぐと予想に違わぬ積雪が出てきた。
入道ヶ岳は鈴鹿の山の中でも比較的雪の少ない山だと思うが
今冬の鈴鹿の山々は雪が多い。

樹間のバックに広がる青空も申し分ない。




植林が少なくなると、いい雰囲気になってきた。










入道ヶ岳の天然記念物、アセビの群生。




めまぐるしく変わる空の色。
冒頭の写真のブルーからグレーへ。







だだっ広い台地のような入道ヶ岳のピークが視野に入ってきた。




下界の鈴鹿市方面。




アセビの群生を縫うように進む。
群生の中に入り込むと屈んだり、時には膝をついて通り抜ける。
さもないとザックのスノーシューがひっかり前へ進めない。
しかし、それを繰り返していると体力の消耗を痛切に感じた。




北の頭から奥ノ院方向へのトレースがない。
北西の風が凄まじいのであきらめたのだろう。

僕たちはトレースが向かっている入道ヶ岳に直線的に足を運ぶことにした。







指呼の先に見える鳥居。
雪がなければさほど時間も要することなくつけるのに。

先行者のトレースを追って行くとアセビの中で行き止まり。
先行者は引き返したのだろう、たぶん。

アセビの根元には太腿ぐらいまで沈む雪が積もっている。
雪の中に沈んだ足を持ち上げ前へ進もうとするがアセビの枝枝に遮られて前へ進めない。
アセビ相手に格闘するとは想像だにしていなかったが
スノーシューを装着する手間を惜しまず装着するのが賢明だと判断。




体の沈み具合が装着前と比較のしようないほど楽になった。
後続はつぼ足のままなので僕が出来るだけ踏み固めて行くがそれでも沈んでいる。

スノーシュー装着後、身体を絡めとられたアセビの群れから脱すると目の前に鳥居が。




北の頭のA地点からピークまで40分ほど費やした。




ピークでは風によろけながら鳥居にしがみつき恒例のメモリーショット。



今日の仲間は、なためさん、キャットさん、小生

下山は二本松尾根から。
とにかく風が凄まじいので昼食場所を確保するのもままならず
13時過ぎ高度670あたりで昼食タイム。

14時15分、駐車場。




雪の入道ヶ岳。たかだか900m足らずの山だが
低山を侮るなかれ、と。



  1. 2017/02/14(火) 23:37:41|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハライド~国見岳 16.12.18




今年最後の山行は、一年を締めくくる納山山行。
17日の夜、朝妻峡ヒュッテで鍋を囲んで今年一年を振り返る。

はじめて朝妻峡ヒュッテを利用させてもらったが、とにかく安い。
その安さの割には考えられない快適さに
気持ちのなごむひとときを過ごした。

● ● ●

翌朝、朝明渓谷へ移動。
朝明渓谷へは何度か足を運んでいるが、その都度違う方向に向かっている。
今回はハライドから国見岳、根の平峠の周回。

駐車場にはすでに多くの車が駐まっていた。
8時、レディゴー。




歩いたことのないルート、足を運ぶのは気持ちがいい。




今日は快晴無風、実に展望がいい。




ハライド手前の急斜面。
今シーズン初めて目にするわずかに残る新雪。




ハライド9時30分。
鈴鹿にはカタカナの山名が多いが
ちなみにハライドは「祓戸」と書く。その意味は解らない。




ハライドのピークから明瞭な踏み跡が東へ続いていた。
その踏み跡を追いそうになったが、進む方向は西。
ピークから少し来た道を下った所に1081のピークに続く道があったが
ちょっと解りずらかった。

70mほど下って250mの登り返し。
見た感じはけっこうきつそうな傾斜。







1081への登り斜面ではよく積もっているところで10センチ前後の新雪。
先行者のトレースを意識的に避けて歩く。
新雪の感触を楽しみたいので、サクッ、サクッとね。










イブネ、クラシ、雨乞方面の展望。




周回ルートから少し外れたキノコ岩に立ち寄る。




国見岳、12時。
国見岳までは誰とも会わなかったが、ピークで何組かのグループに会う。

頭上は澄み切った青空。
そんなに拝める青空ではないので冒頭に使った。(笑)




眼下は四日市市街の方。
頭上と違ってカスミ気味。




ピークで恒例のメモリーショット。


今日の仲間は、教授、ハラッチさん、YASSAN、なためさん、小生

ピークで昼食後、下山へ。下山は根の平峠へ。
立ち寄ったキノコ岩がひと際目立つ。




根の平峠に着くと、以前そこからイブネ、クラシに行く時に
タケ沢へ下った記憶がよみがえってきた。







14時10分、駐車場。

今年も無事山行を終えることができた。
山に感謝、岳友に感謝!!!



  1. 2016/12/21(水) 09:22:21|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ