ヴァリエーションが好きやねん vol.2

畑のおはなし(1)



今、僕が耕作している畑にあるものを適当にピックアップしてみました。

写真上段は韓国唐辛子とキクイモの花びら、
二段目はブロッコリーとヤーコン、三段目は八朔。
キクイモとヤーコンは、地方の道の駅等で売っているのを見かけることがあるが
知らない人の方が圧倒的に多い。

23日の連休最後の休日、山行の予定だったが天気図が中途半端だったので
僕が山行を呼びかけたにもかかわらず中止に。
朝、目覚めると晴天だった・・・。
せっかくの休日を山行のために予定にいれてもらっていた
同行予定の友人たちに悪いことをしてしまった。

さあ、今日一日何をしようか。
畑で土いじりをして、太陽のもとビールでも飲もうか。

今の時期、秋・冬野菜の準備でやることは一杯ある。
特に力が入るのがタマネギとエンドウ豆とイチゴである。
この3つは、これから土作りをしっかりしていかなければならない。

野菜作りというのは、正直である。
水やりとか土作り等、手を抜いたら、抜いた程度のものしか成らない。

今日は、タマネギの種を1m×0.5mの苗床に蒔いた。
タキイのパワー4mlと早生分3mlである。(合わせて500本くらいの苗が出来る予定)
3条の筋に蒔いた種を軽く手で押さえてから軽く土をかぶせ、

その上からもみがらを撒き、たっぷりみずやりをしておけば
これでタマネギの苗作りはokである。
1週間もすれば芽が出て来るであろう。
我が家で消費する.半年分のタマネギ作りの始まりである。
  1. 2009/09/24(木) 21:27:03|
  2. 畑のおはなし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

大峰山~石切山 09.9.20



囲炉裏のhidetyanの低山オフに参加。
ルートは,
JR武田尾~大峰山~中山~石切山~釣鐘山~JR川西池田である。




低山だからと言って侮るなかれ。
4つのピークを踏んで、アップダウンがあって、距離にして16.8キロである。
参加者14名のうち今年の六甲全縦にエントリーしているメンバー6名が参加している。
彼らにとっては、それなりに本番に繋がるステップなのである。

また低山の場合、標識のない踏まれた道が多々あるので読図の練習にはもってこいである。
迷っても、どこかの里山あるいは住宅地に出ること請け合いである。
貴方(リーダー)任せの団体山行であっても、僕の場合、磁石と地図は必携である。




気温がやや上がって、多少蒸し暑さをおぼえる日和であったが、
樹林帯の陽が射さない日陰の道が多かったので歩くのには快適であった。
中山を過ぎたあたりの立ち木が疎らになった尾根からは、関空あたりまで一望でき
視線を左に移すと、台風の影響か空気が澄み切っていて、葛城金剛の山並みの左側奥の方に
高見の山並みまでのぞかせていた。




低山ということで500のビールを持参したが、昼食時の冷えたビールがおいしかった。
ピークで飲むビールは最高である。
普段の山行ではピークではほとんど口にしないが、低山の場合これが出来るのでグーである。
  1. 2009/09/21(月) 19:25:09|
  2. 六甲・北摂の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤目四十八滝 09.9.13




すっかり日差しもゆるくなった日曜日,
秋をもとめて赤目四十八滝へ行ってきた。


久しぶりに顔を見る気のおけないサークル仲間11人とわいわいがやがや言いながら。
赤目はいつ以来だったか。頭の中を消しゴムで消したかのように記憶のかすかな断片が残っているだけである。
沢に転がっている大小さまざまな形をしている石は
ほとんどが苔むしていた。
沢の両側の立ち木が時をかけて高く伸び
沢を覆うようになったのだろう。
そのために沢を照射する光の量が少なくなり
石の苔化が進んだのだろうか。 



ふだんの山行とちがって大人の遠足の様相であった。
あとひと月もすれば、紅葉の季節である。
その時になれば、人でもすごいらしい。
人もまばらで、歩きやすかった。



たまには足腰に負担のかからない楽なハイキングみたいなものもよしとしよう。
  1. 2009/09/14(月) 15:41:45|
  2. 奈良中部の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒倉又谷 09.9.6



日曜日、kさんと二人で大台ヶ原への登山口
(今はあまり踏まれていないみたい)であった筏場の近くにある
黒倉又谷に行ってきました。

ドヴォーン! ドヴォーン! と釜に飛び込みたかったけど、
水の冷たさに抗うことはできなかった。






滑りやすい沢で、久しぶりの入渓ということもあって慎重に
歩をすすめるが、油断すると足が滑る。
一見、ほとんどの滝が直登できそうな感じではあったが、
すべりやすく、ホールドしがたく、
しかも釜の水温が低いということで
リスクを回避して巻く滝も何カ所かあった。




ドヴォーン!は、来年までのお預けである。

久しぶりの沢遡行は、やはりおもしろかった。

photo以下のアドレスにアップしています。
http://picasaweb.google.co.jp/udrfine/jGsowH#
  1. 2009/09/10(木) 13:16:03|
  2. 沢遡行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10