ヴァリエーションが好きやねん vol.2

美山・品谷山 09.12.20




11月3日に行こうとした廃村八丁が雪のため行けなかったので
仕切り直しに行ったのだが、
今回は佐々里から峠へ向かう道が凍結のため封鎖されていて
登山ルートを急遽変更。

予定は
佐々里峠~品谷山~品谷峠~スモモ谷~廃村八丁~刑部谷~ダンノ峠~佐々里峠 だったが、
佐々里スキー場北側に走る稜線に取り付き、品谷山をめざし、ピストンすることになった。


取り付きからは急斜面のスギの植林帯を稜線めざして登った。
枯れ落ちたスギの葉と雪が混ざり合って足元は悪く、
油断すると、ズルッーと行きそう。





稜線に出ると、地図には記載されていない道であるが、
作業関係の人が踏んでいるみたいで枝打ちされた木々が目についた。

展望のあまり効かない道がピークまで続く。
途中、芦生杉を想起させるようなオブジェのような大木が所々にあった。





現地に来るまでは、雪が多いだろうなー、険しい歩きになるだろうなーと、
思っていたが、拍子抜けというか、
積雪というほどのものはなかった。

ただ、この2、3日の寒が緩んで、山歩きには適した気温であったが、
ワカンや、スノーシューは無用の長物であった。




ピークでは、恒例の鍋で、今回はカレー鍋。

チャミスル(真露)の差し入れもあり、
カレー鍋は残ることなく
各人の胃袋の中に納まった。









予定していたルートは歩けなかったが、次回のお預けである。
それにしても、廃村八丁は遠い!!( 距離的な意味ではないのですよ!!)




帰りは、美山の自然文化村の中にある温泉に浸かって帰ったが、
ここの湯槽にはバラの花びらが桶に敷きつめられ浮かんでいる。
これが、なかなかイイノダー!!

参加メンバー:きたおかさん、ハラッチさん、すみこさん、なためさん、ひでちゃん、小生



  1. 2009/12/21(月) 17:25:02|
  2. 芦生の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

たき火宴会&納会遡行 09.12.12-13




sawanakamaの会の忘年会は、たき火宴会である。
場所は,太良羅谷。薪はりんご畑さんが用意してくれていた。
午後8時からハジマリー、ハジマリー。

座敷でするよりも、たき火を囲んでという設定がじつにいい。
たき火をしていると、僕たちが生活をしていくなかで、
どこかに置き忘れてきたものを思い出させる・・・。

火焔が漆黒の闇を焦がす。
他愛ない話で盛り上がり、酒が入るほどにヴォルテージが上がって行った。

飲んでー、飲んでー、
喋ってー、喋ってー、喋り疲れて一人、また一人と
テントの中へ吸い込まれて行った。

たき火は、囲む人の輪がなくなっても、朝方まで燃え続けていた。

参加メンバーは、りんご畑さん、キッシャン、taqさん、bakuさん、小山伏さん、やぶこぎネットのぐーさん、翌日参加のNさん、小生。







翌日の沢は、リーダーが、太良羅谷とセウス谷の間に位置する名称不明な谷で、
まだ一度も入ったことがない谷があるので行こうということで決まっていた。

入渓地点から、いきなり三連段の滝があったので、
こりゃおもしろそう!!と思ったが、
あと、さほど難易度の高そうな滝はなかった。




15メートルほどの斜瀑である。

足元は水に浸かっても、冷たさを感じることはなかったが、さすが手指は水に触れている時間が長いと
冷たかった。







核心は、横7メートル、高さ7メートルくらいの二股になっている滝。
右側の流れは二段になっているが、棚から上はハング気味になっていて
岩がもろそうだった。
左側の流れは,ほぼ垂直になっており、左側の滝横を巻いて行く。




午前9時に入渓し、正午過ぎには下山してくるほどのコンパクトな沢遡行であったが、
水量もそこそこあって、沢の醍醐味は味わうことができた。

今年の沢行きも今回で最後である。
来年の沢始めは、南紀の寺谷第一支流からかな。



  1. 2009/12/13(日) 21:29:29|
  2. 沢遡行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

畑のおはなし(4)




ヤーコンのルーツは、南米である。オリゴ糖らしきものをいっぱい含むザ・キングらしい。
地方に行くと、道の駅などで売っているのを時々みかけることがある。

去年から植えているが、今年の分は、昨年取り入れした時に
残しておいた種芋を発芽させて植えた。

我が家では、ヤーコンを薄切りにしてサラダにのっけて食べている。
シャキシャキ感が、口にあう。しかも生で食べても野菜特有のアクがないのでバッチグーである。
だからと言って、梨みたいにいっぱいは食べれないが・・・。




キクイモがちょっと知られるようになったのは、
中性チックなカリヤザキ某というTVタレントが
自身の糖尿病のため食生活を改善するのに取り入れたところ、効果があったと言ったことにあるらしい。

僕は、別に糖尿病ではないが、畑友達から体にいいからと薦められて植えた。

このキクイモ、繁殖力旺盛である。
形は、生姜みたいな形をしているが、小指ほどの種芋の欠片があれば
そこからバケツ一杯ちかくの収穫がある。

お金もこれぐらい増えればいいのになんて書くおらは昼間からお酒でも飲んでいるのかにゃ。
  1. 2009/12/09(水) 15:35:40|
  2. 畑のおはなし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0