ヴァリエーションが好きやねん vol.2

筏場~大台辻~添谷山




筏場から大台辻を経て大台ケ原に通じる道は
山頂の賑わいとは反して人気も少ない静かなクラシックロードである。
途中、何ヶ所かの山ぬけがあり、気がぬけなかったが
久しぶりに雪のない道を長い時間たっぷりと歩くことができた。

● ● ●

筏場の駐車場で600円を払って9時ジャストにレディゴー。
以前は駐車料金を徴収されなかったが
監視員が立つことで車上荒らしのリスクが減るなら
それはそれで安いものである。




3年前に川遊びをした本沢川を左に見ながら歩を進める。
川の大半を占める岩々の間を縫うように流れる水は
水深のある所でサイダーのような泡を呈していた。

また、対岸に咲く何本かのアカヤシオが眼を釘付けにした。
カメラでは収まらない距離だったのでシャッターは押さなかったが
遠目にもその美しさが伝わって来る鮮やかな色合いだった。




白倉又谷、黒倉又谷の出合を経て釜之公谷の出合へ。




釜之公谷の出合からは川筋を離れて尾根筋へ入って行くが
お世辞にもいい道だとは言えない。
悪路と言ってもいいほど荒れていた。
それはまさに大人のアスレチックゾーンである。

倒木あり、山ぬけありと・・・。
その山ぬけした所にはロープ等が設えてあったが
見た目に劣化しているのは一目瞭然で
それに体を預けるのは少し心許なかった。




整備された登山道しか歩いたことのない人を連れてくるには
???が伴うようなリスクの高い道である。




岩盤から湧き出る銀嶺水があるはずなのだが見あたらない。
水が乾いてしまったのか、はたまた山ぬけで埋まってしまったのか・・・。
(下山時、再度それがあるところを確認しながら下りると
 それらしき所があった。水が干上がっているのかほとんど流れていなかった。)




大台辻手前の大きな山ぬけ。
さすがにここには残置ロープはなかった。
その山ぬけを大きく巻くような踏み跡があったので
それを追って行くと無事登山道に復帰することができた。




ミツバツツジが蜜を競うように咲いていた。
その咲きっぷりはあまりにも艶やかだった。




大台辻、12時ジャスト。
時計と地図を見やると一時間ぐらいで添谷山に行けるかなと。
もうこの辺りで昼食をと言う声もあったが
ピークに行かないとおいしいビールが飲めやしない。
ピーク手前でそれを口にしようものならあと歩けなくなるのは判りきっているから。(爆)




大台辻からは台高縦走路が走っている。
歩きやすさだけではなくブナ等の自然林の中を歩くので気分も軽くなる。







読み通り、13時添谷山。
大台ケ原ドライブウェイの方に目をやると幾筋かの谷筋に白いものが残っていた。

そのピークで恒例のメモリーショット。


今日の仲間は、ハラッチさん、ミントさん、なためさん、小生

汗がひくような冷たい風が通るのでカッパの上着を取り出す。そして昼食タイム。

今日のメンバーとは一週間後に今年最後の雪山に行くことになっている。
ロングな山行になるだけに、今日はほどよいトレーニングになったかも。

40分ぐらい寛いだろうか。下山へ。




ひときわ目を引いたバイケイソウの一群。
そのグリーンは自己主張のかたまりみたいな色彩を放っていた。
そういえば、頭上の木々の枝先には新緑がまだ付いていなかった。







下山は大台辻を経由しないで銀嶺水の手前に下りる尾根筋を選んでショートカット。
それが効いたのか、予定よりも若干早く、17時、筏場下山。



  1. 2014/04/29(火) 01:32:01|
  2. 台高の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

丸山 14.4.5-6




丸山と言えば、西穂の丸山を連想する向きも多いと思うが
神鳩ノ宮避難小屋から東に位置する丸山からの別山の眺望は秀逸であった。

無神論である僕がもしも神の存在を認めるとすれば
山の神の存在だけは認めてもいいかなと。
なぜなら、今回も天気に恵まれた山行をすることができたから。(笑)

続きを読む
  1. 2014/04/08(火) 01:03:07|
  2. 福井・奥美濃・伊吹・湖北の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10