ヴァリエーションが好きやねん vol.2

犬鳴山行場巡り 16.11.20




今年も山へ足を運ぶのは、あと1、2回ぐらい。
年が明けると待望の雪山である。
今の時期にしっかり歩き体をつくり、冬山に備えておかなくっちゃ!!!

● ● ●

ずいぶん前に今回の行場へ足を運んだことがあるが
その時は表だったのか裏だったのかはっきりと憶えていない。
行場を抜けてピークに立った時、狭いながらもいい山だなと思ったのを憶えている。
今回は一気に裏行場から表行場を周回するプラン。

今回は一年に一回あるかないかの公共交通機関を使っての山行。
南海バスから吐き出されて、登山口を目指すが
とりつく予定の尾根には立ち入り禁止の札が。
どこかに手頃に取り付けるところがないものかと、
右往左往していると駐車場の奥に取り付きあった。

9時レディゴー。




傾斜は急であるが、しっかり踏まれた歩きやすい登山道。




高度600前後のピークがいくつかある。
燈明ヶ岳(天狗岳)、経塚権現山、大タワ、大天井岳。

経塚権現山のピークでは行き過ぎてしまい、引き返して大天井岳へ。




大天井岳から核心の裏行場の下りへ。

最初は余裕ですね。(笑)







トラロープが出てくるとだんだんと真剣な顔つきに。
登りならさほど危なくないだろうが
下りは滑ればただ事では済まないですからね。




写真をアップにするとその険しさが伝わってきます。










張り巡らされたトラロープの極め付き。
クモの巣ならぬトラロープの巣。(笑)
一般ハイカーの多い山だけに、これぐらいしなくてはけが人が続出するのだろう。




大天井岳から裏行場の下り、約一時間かかった。

裏行場を降り立ったところは、行者の滝の前。
目の保養にときれいな紅葉が彩っていた。




表行場の取り付きが目の前にあるにもかかわらず、気がつかずに参道を下る。
車道が交差する手前の駐車場で昼食タイム。

さてと昼食後は表行場へ突入と行きたいところだが
裏行場の下りで懲りたのか、頭上の曇り空もあいまって全員の意気がさほど上がらない。

予定では表行場を経て高城山のピークを踏み、
そこから派生する北西尾根を下る予定だった。

そこで乗り気でないメンバーに折衷案。(笑)
表行場のサワリだけでも体験しに行こうと。
下りは高城山まで行かずに高度600の分岐で南に下りて来る。




蟻の戸渡り、ちょっと肩すかしを喰らった感じで怖くもなにもなかった。(笑)




蟻の戸渡りを過ぎたところにある西の覗き。
ここもさほどの高度感は感じなかった。




ピークでのメモリーショットとならなかったが
600mの分岐でそれをおさめる。




今日の仲間は、まめちゃん、きまさん、キャットさん、YASSAN、山けんさん、小生

表行場は、裏行場と比べるとずいぶんやさしい印象。

下山15時30分。

下山後トラック図を見ると、予定の破線を下りずに一本東側の尾根筋を下りていた。
これは結果オーライだったが、破線の尾根は確認できなかった・・・。



  1. 2016/11/23(水) 00:17:49|
  2. 金剛生駒の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鎌尾根 16.11.6




5年前に鎌尾根を単独で歩いているが
断片的にしか記憶に残っていない。
そしてその断片が記憶の中で繋がらない。
鮮明に残っているのは、鎌尾根直下の登りと水沢峠直下の岩壁ぐらいである。
どのルートを登ったのかもうろ覚えである。
幾多の山行を重ねると記憶に残らない山行もあるわと
自分に言い聞かせる。(笑)

● ● ●

2週間前の三方岩岳&野谷荘司の紅葉は消化不良だったので
まだ紅葉が残っているだろう鈴鹿の鎌尾根に楽しみを抱きながら山行を計画。
紅葉の規模と艶やかさは上記の山のそれとは比較にならないが。

宮妻渓谷の駐車場、9時30分レディゴー。
駐車場はほぼいっぱい。どこを目指して散ったのだろう。

しばらく林道のてくてく歩きが続く。
3、40分近く歩いただろうか、水沢峠への道標。
林道を離れて、植林帯の山道へ。




5年前の記憶が蘇らない中、歩を進める。
この岩壁はよく憶えているが、もっと高かったような・・・。
土石流が流れ込んで堆くなり岩壁が低くなったような・・・。







稜線近くになると待望の紅葉。
派手さはないが7、8分程度と言ったところ。
鈴鹿の紅葉は遅いなと。




こちらの紅葉はベリーグッド!!!




水沢峠、11時50分。




かっこいい鎌のピークが天高く聳えている。
今日はガスが出ていないのでピークを愛でながら歩を進める。
5年前はガスが出て近くまで行かなければ
鎌のピークは拝めなかったような・・・。




花崗岩が風化してできたきのこ岩を過ぎ、少し行ったあたりで昼食タイム。







申し分ない天気と鎌のピーク。




岳峠、13時50分。




多くの人たちが一斉にピークから下りて来たが、ピークにはまだ数人いるみたい。
ピークを目指すのは僕たちが最後か。







鎌のピーク、14時。
恒例のメモリーショットを撮る。




今日の仲間は、山けんさん、ハラッチさん、小生

遠望に御在所岳。




双子峰の雨乞岳。




下山は、かずら谷から宮妻峡谷へ。
かずら谷となっているので谷道を下って行くのかとおもったが
駐車場間近まで尾根通しの歩きやすい道だった。

15時30分、下山。

5年前のトラックを見ると同じルートを歩いていた。チャンチャン!!!
  1. 2016/11/10(木) 00:08:56|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6