ヴァリエーションが好きやねん vol.2

ハライド~国見岳 16.12.18




今年最後の山行は、一年を締めくくる納山山行。
17日の夜、朝妻峡ヒュッテで鍋を囲んで今年一年を振り返る。

はじめて朝妻峡ヒュッテを利用させてもらったが、とにかく安い。
その安さの割には考えられない快適さに
気持ちのなごむひとときを過ごした。

● ● ●

翌朝、朝明渓谷へ移動。
朝明渓谷へは何度か足を運んでいるが、その都度違う方向に向かっている。
今回はハライドから国見岳、根の平峠の周回。

駐車場にはすでに多くの車が駐まっていた。
8時、レディゴー。




歩いたことのないルート、足を運ぶのは気持ちがいい。




今日は快晴無風、実に展望がいい。




ハライド手前の急斜面。
今シーズン初めて目にするわずかに残る新雪。




ハライド9時30分。
鈴鹿にはカタカナの山名が多いが
ちなみにハライドは「祓戸」と書く。その意味は解らない。




ハライドのピークから明瞭な踏み跡が東へ続いていた。
その踏み跡を追いそうになったが、進む方向は西。
ピークから少し来た道を下った所に1081のピークに続く道があったが
ちょっと解りずらかった。

70mほど下って250mの登り返し。
見た感じはけっこうきつそうな傾斜。







1081への登り斜面ではよく積もっているところで10センチ前後の新雪。
先行者のトレースを意識的に避けて歩く。
新雪の感触を楽しみたいので、サクッ、サクッとね。










イブネ、クラシ、雨乞方面の展望。




周回ルートから少し外れたキノコ岩に立ち寄る。




国見岳、12時。
国見岳までは誰とも会わなかったが、ピークで何組かのグループに会う。

頭上は澄み切った青空。
そんなに拝める青空ではないので冒頭に使った。(笑)




眼下は四日市市街の方。
頭上と違ってカスミ気味。




ピークで恒例のメモリーショット。


今日の仲間は、教授、ハラッチさん、YASSAN、なためさん、小生

ピークで昼食後、下山へ。下山は根の平峠へ。
立ち寄ったキノコ岩がひと際目立つ。




根の平峠に着くと、以前そこからイブネ、クラシに行く時に
タケ沢へ下った記憶がよみがえってきた。







14時10分、駐車場。

今年も無事山行を終えることができた。
山に感謝、岳友に感謝!!!



  1. 2016/12/21(水) 09:22:21|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

天和山~滝山周回 16.12.4




天和山(てんなさん)、滝山は大峰山系ではマイナーな山。
天川村の南西に位置し、
冬期は弥山など冠雪した山々を遠望できるビユーポイントである。

● ● ●

天川和田の発電所手前にある郵便局の駐車場が日曜日で空いていたので
勝手に車を駐めて8時30分レディゴー。

天ノ川を渡り、発電所を左に見ながら進むと登山届けの箱があった。
高度1270mの山でも登山届けが・・・と思いつつ
それを見やりながら植林帯の中に入って行った。

しばらく九十九折の道が続く。
展望もなくもくもくと足を運ぶのみ。




真西の方向に素敵な山容が視界に入ってきた。
どこの山だろうとエアリアマップを広げ、山座同定。
たぶん大塔村の唐笠山だろうと。
(帰宅後ネットで調べるとそうだった。)




伐採された植林跡に出ると開けて気持ちがいい。




10時20分、川瀬峠。




稜線歩きは言うまでもなく気持ちがいい。
植林帯を抜け、周りが自然林なので況んやおやである。







天和山、11時。

一目でわかる山容の稲村岳と大日岳。
ネットでは大峰の山々も冬支度との情報があったので
冠雪したそれらを眺めることができるかと期待していたが空振りだった。(笑)




弥山と八経だろう。(たぶん)




ピークは南東からの風が冷たく、その中で恒例のメモリーショット。




今日の仲間は、なためさん、ハラッチさん、小生

ピークを後にし、南西の風が幾分弱まるところで昼食タイム。
食後、川瀬峠まで来た道をピストン。

川瀬峠から滝山まではほどよいアップダウンが続く。




振り返ると天和山、それは三つの小ピークの右側。







滝山13時10分。




高度1080にモノレールの分岐があり、下山は北東方向のモノレールを伝って
劇下りの斜面を下りる。

モノレールを右に左に跨いだりするうちに
何カ所かでモノレールを支える支柱にすねを打ち、擦り傷を作る。




「バリエーションが好きやねん」通りの劇下りが続く。(笑)




滝山から一時間足らずで一気に下りる。

14時20分、駐車地。

滝山から下ってくる時にぽつりぽつりと空が泣き出していたが
植林帯の中なのでさほど気にすることもなかった。

駐車地に着いた時にはちょっと強い雨になり始め、
滑り込みセーフと言ったところだった、チャンチャン!!!



  1. 2016/12/05(月) 23:40:46|
  2. 大峰の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6