ヴァリエーションが好きやねん vol.2

荒島岳 18.3.4




過去何度か冬季の荒島岳に登らないかと声をかけられたことがあったが
都合が合わず登る機会に恵まれなかった。
故に今回初めての荒島岳は期するものがあった。

● ● ●

土曜の夜某所で前泊。
早朝勝原スキー場の駐車場に向けて車を走らせるが
ナビのトラブルなどがあって6時15分頃着。
駐車場はすでに埋まっていてかろうじて隅の方にスペースを確保しスタンバイ。
6時45分、登山届けを出し、レディゴー。

今は営業していないスキー場のゲレンデを登って行くが
踏み跡だらけで歩きにくい。(笑)
さすが百名山と言ったところか。




ゲレンデから林道へ、そして樹林帯に突入。

登って来た北の方向に輝く経ヶ岳が美しい。




ブナの林立する傾斜一辺倒の稜線の高度を稼いでゆく。
気温の上昇もあって、さすがに樹氷やモンスターはない。




高度900の手前でアイゼン装着。




樹林の間から刹那ガスが晴れて中荒島岳がベールを脱ぐ。




小荒島岳からの稜線と交差するところがシャクナゲ平。
そこまで上がれば行程的にはメドが立つ。




シャクナゲ平9時15分。

肉厚の雪屁の向こうに核心のモチが壁。




今日は遠望も楽しみの一つ。
ガスに霞む別山、白山。




そしてそのパノラマ。




眼前にモチが壁。
無雪期には鎖やロープなどが設えているらしいが
すっかり雪にうもれているので
無雪期に足を運んだことのない小生にとっては
どこがリスキーなところなのか解らない。

一目見て立っている壁みたいなところは登れないので
右から巻いて行く。
トレースがきっちり付いているので素直にそれを追うのみ。
ただ安全のためストックからピッケルに持ち替えて
しっかりとピッケルを差しながら登って行った。

ただこのモチが壁。
どの辺りを指しているのかネットでは諸説あり。
中荒島岳への直前の急坂をモチが壁と言う人も。

そのモチが壁の上り下りを経験して言えるのは
個人的には中荒島岳への登りが体力的にはきついなと。
技術的にはさほど気にするところはなかったが、
雪の状況によって難易度が変わるのだろう。




ガスが晴れた瞬間を狙っての別山、白山。




今冬の豪雪を物語る雪景色。
3月にもなって田園が白一色に染まるのも珍しい光景だと思う。




モチが壁を通過するとまるで巨大クジラの背中のような息をのむ曲線が中荒島岳に続く。







中荒島岳への登りはけっこうハード。
数歩進んでは肩で息をしての繰り返し。
加えて時折刺すような冷たい風が頬をたたく。

頭上を見上げるとガスの流れの速さだけが一目瞭然だが
その上はどのような状況なのか解らない。







元気づけてくれる青い空。




中荒島岳10時30分。
意外と早く上がって来たかなと。




ピークまであと412mとある。
中荒島岳への登りと比べてピークへは比較的緩やかである。
高度ではなく距離なのですぐにでも着くかなと思いきや
ガスが発生し視界が悪くて歩きにくい。
風が強いのでガスが一気に晴れるのを期待しながら
足を運ぶがピークの目印である祠のある所にきても晴れることはなかった。

とりあえずピークを踏んだ証明にと恒例のメモリーショット。



今日の仲間は、山けんさん、なためさん、小生

ガスが晴れるのに一縷の望みを託したが叶いそうにもないので下山へ。

シャクナゲ平で昼食をとり、13時15分駐車地点。

今回の山行、
メインディッシュを前にして食べ損なったような気持ち。
それでも中荒島岳までの光景は十分に堪能したのでよしとするか。(笑)



  1. 2018/03/05(月) 22:12:05|
  2. アルプス他、大阪から遠い山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4