ヴァリエーションが好きやねん vol.2

矢納谷 18.8.26




この界隈の谷は、上谷、イツボ谷を経験済み。
上多古本谷は、沢泊を伴う行程の長い遡行を要求されるので未踏。
今回の矢納谷は随分と前から計画していたが
優先順位から毎年こぼれていた。

● ● ●

上多古林道が土砂崩れのため進入できず、
イツボ谷との出会い付近に車を駐め、入渓地点まで1時間近くの林道歩きを余儀なくされる。
この林道歩きは予定していなかったので、行程に大きく響いた。

入渓9時45分。
古びた鉄板の上を恐る恐る渡り、矢納谷左岸の柤道を進む。
前方に豪快に水量を落とす矢納滝。




矢納滝を左手に見ながら、巻き終えた辺りから川床に降り立つ。




数日前の台風&雨で半端じゃない水量、大小いずれの滝も迫力満点。

くねくねした2段の滝は右から巻く。







ゴーロ帯の中の連瀑が実にきれい。




朽ちた梯子。
左は登り。
右は下りの時で、ザイルを出して懸垂下降。
トラロープが何本もぶら下がっているが危なっかしい。




黒い岩に豪快に飛び散る水しぶき。
とにかく滝、滝、滝。




そしてお目当ての昇竜ノ滝。
両岸立って迫力度&ビジュアルは満点。




少し下って左岸を大きく高巻く。途中ケーブルの跡の鉄骨あり。




大きな釜を擁した8mの滝。
先行グループがザイルを出して後続の最後を引っ張り上げていた。

水量も多いし巻こうと思ったが、なためさんが行く気まんまん。
トップが出したザイルを頼りに後続の3人がシャワークライム。
登っている時、水が耳に入らないかひやひやだった。
2人は左から巻く。









赤ナメクチキ滝手前の左岸から無名滝。
刹那こちらが赤ナメクチキ滝かと思うほど美しい。




そしてその奥に本命の赤ナメクチキ滝。
舌を噛みそうな妙な滝の名前の由来が腑に落ちた。
この辺り一帯の岩が何故か赤っぽい。




赤ナメクチキ滝を巻き終えたところで
遅めの昼食タイム。
冷えた身体は太陽光が恋しく、木漏れ日を求めて座る場所を決める。

遡行終了のコーリン滝まであと1時間くらいかかるみたい。
コーリン滝まで行きたかったが、予定外の林道歩きがここで響いてタイムオーバーとす。

下山の前に恒例のメモリーショット。


しおちゃん、YASSAN、エモリン、まめちゃん、なためさん、小生

この谷の核心は下山。
薄い踏み跡らしきものを探しながら下って行くが、踏み跡を見失うことしばしば。
尾根通しの下山なら慣れたものだが、尾根斜面に作られた柤道は難しい。
GPSを携帯していても悩ましいルートファインディングだった。

駐車地点16時50分。



  1. 2018/08/29(水) 00:14:51|
  2. 沢遡行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

滝川本谷下部遡行 18.8.5




過去何度か計画を立てつつも、天候不順で流れたところ。
今回は猛暑の最中、涼を求めての計画。

● ● ●

9時前に笹の滝の駐車場前に着。
時間もたっぷりあるので、とりあえず日本の滝100選の笹の滝を見学。
見学を終えて駐車場にもどり、入渓準備をし、トイレ横からカリヤス谷に下り立つ。(9時15分頃)
カリヤス谷と滝川本谷下部の出会いは目前。




第一印象、明るくてきれい。
倒木などがない。




さっそく幅広の滝。
泳いで左から上がる。
今日は泳ぎがメインなので念のためフローティングベストを着用。
前回渋川の水は生温かったが水温はやや低め。さすが大峰の沢と言ったところか。




前方に見事な渓谷美を讃える廊下の奥に滝。
それを見んがために20mほど泳いだか。




つるっとした滝はホールドがない。




その滝を攻略すべく泳いで左岸に取り付こうとするが流されて叶わない。
しかも足下は届かず抉られているので太刀打ちできないとか。
二人がチャレンジしたがダメなようだったので僕は試さなかった。(笑)




その滝は左岸から巻くが残置が一カ所。

巻いたところから下を覗く。




泳がずに左の岩壁の上を歩くことができたが、とにかく泳ぐ。




水のきれいさは前鬼川のそれと甲乙つけがたい。




日照りした広いスラブのナメの上。













左岸の壁から簾状の滝。




遡行終了地点に大釜を擁した不動の滝。
見事としか言いようがない自然の為すオブジェのよう。
釜には大きな島が浮かぶ。




その不動滝をバックに恒例のメモリーショット。



左からウォンタさん、なためさん、小生

釜に浮かぶ島に上がって昼食タイムにしたかったが、誰もそれを口にしなかった。
島に上がるのに泳がなければならない。
それまで十分に水に浸かったので浸かりたくなかったのかも。(笑)

食事をしながら左岸の上を見上げるとガードレールが目に入る。

遡行距離は実に短い沢だったが、水よし、釜よし、ナメよし、滝よしの言うことなしの滝川本谷下部遡行だった。

13時過ぎに駐車地点。
  1. 2018/08/08(水) 16:37:19|
  2. 沢遡行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4