ヴァリエーションが好きやねん vol.2

白屋岳 18.10.14




大台・大峰の山々に行く時、杉の湯の前を通る毎に大滝ダムの背後に陣取った
白屋岳が気になっていた。
格別秀でた特徴のある山ではないが、なぜか引きつけて止まないものがあった。
普通の山歩きをするのに右足の状態が盤石の状態でないので
トレーニングには丁度いいかなと設定したが・・・。

● ● ●

大滝ダムに架かった白屋橋を渡り、道なりに進み
鹿よけのゲートを開けてすぐのところでスタンバイ。
9時30分レディゴー。




人気のないりっぱな木造の展望台とトイレ。
それを脇目に往時の集落の家々があったことを偲ばせる
石積の間を縫うように高度を稼いで行く。




集落跡を抜けると傾斜のきつい植林帯に突入。
所々に川上中学登山道のラミネートされた道標が散見。

打ち落とされた枝々を踏みながらあることを思い出した。

長い間気になりながらも登れなかったのはヒル。
この山域はヒルが棲息していて雨期は多いらしい。
ヒルの蠢く季節を外していたので
山行プランを立てるタイミングが諸事情と合わなかったのだ。




高度995の明けたところからの南西の展望がすこぶるいいが生憎のガス。




はっきり見渡せない中、先の尖っている大所山だけが際立っている。







植林帯を抜け出すとやっと自然林のお迎え。
自然林だと気持ちも落ち着きます。




白屋岳、12時30分。
ピークからも南西方面の展望がいいのだが、あいにくのガス。






恒例のメモリーショットは


なためさん、山けんさん、小生

ピークで昼食をとり寛いだあとは下山。

高度995からは地図には載っていない南西の尾根筋へ。
随所に赤テープがあるところを見ると、このルートが下山のメインルートか。

GPSを確認しながらの下山。
石積みのあったところまで下りてくると
駐車地点へのショートカットを試みたりした結果、金網に行く手を遮られることも。
必然的にやぶこぎを強いられ、少しルートを外すと一筋縄で行かない。
これはいつものことだが。(笑)

今回の白屋岳、計画段階ではハイキング程度の山と考えていたが
実際に歩いてみるとなかなかハードな山。
取り付きからピークまでフラットなところがなく、とにかく登り一辺倒。
それでも想定時間内で登れたのでよしとするか。

下山15時。
  1. 2018/10/16(火) 22:22:53|
  2. 台高の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0