ヴァリエーションが好きやねん vol.2

六甲・地獄谷グラフィティ 18.12.16




例年なら納山山行と銘打って前泊を伴う山行を計画するのだが
諸事情で近場の六甲でお茶を濁すことにした。

参加者は13名と、年初の武奈ヶ岳依頼の大所帯となった。
写真を見ると大人の遠足そのもの。(笑)

たまにはワイワイガヤガヤとお喋りしながら足を運ぶのも気分が変わっていいものだ。
その前後を歩いている人たちにとっては、たまったもんではなかろうが。(笑)

六甲の尾根道や谷沿いの道もそれなりに歩いているつもりだったが
誰でもが歩いているだろう今回の地獄谷ルートは
僕にとって初めて歩くところだったので新鮮だった。

岩場があったりとそれほど珍しいものではないが
両手を使って岩を攀じ上るのは、今夏の沢から上がって以来だったので
全身を使っての登りは気持ちよかった。

加えて、今回の山行計画は僕の手によるものではないので
最後尾からトボトボ足を運びながら
カメラマン役に徹した。



























参加者の顔ぶれを綴りたいところだが
人数が多いので割愛します。




今回で岳友と共にする今年の山行は終わり。
今冬の山々の雪だよりが遅いが
年が明けたら雪山を求めて闊歩したいものだ。
  1. 2018/12/19(水) 22:58:08|
  2. 六甲・北摂の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鎌倉山~峰床山周回 18.12.2




風邪をひいて体調が思わしくなかったので直前まで参加を迷ったが
咳をするものの体の方は風邪特有のだるさを感じていなかったので
参加することにした。

● ● ●

坊村に8時20分頃着。
下山予定の葛川中村に車一台をデポetc準備をして、
8時30分過ぎにレディゴー。

取り付きは駐車場から北へ数十メートル歩いたところ。




時々堰をきったように咳き込むので最後尾を歩くことにした。
加えて今回はYASSANの企画だったので
終始最後尾をマイペースで歩かせてもらったが
当然のごとく最後尾で歩いても一団から離され、
前方が視野に入らなくなるほど遅れることも。

そんな体にいきなりの急斜面はつらい。




200mほど上がると林道。
その林道を横断し、鎌倉山から派生する東尾根に乗ると傾斜は幾分緩やかになったが
一本調子の登り。




木々の葉はすっかり落葉し冬の佇まい。

紅葉の頃はきれいだろうなと思いつつ、落ち葉を踏みしめながら歩を運ぶ。




単調な景色が続くが飽きない。




10時5分、鎌倉山。
林道から1時間で高度400mを登って来たことになる。

鎌倉山から峰床山までの稜線歩き。
幅広の歩きやすい尾根道が続くが、いくつかの小ピークがあって
ずいぶん長く感じた。




咳をするたびに立ち止まるが、自然林の美しさに癒される。




予定よりも一時間早く峰床山に着、11時40分。

陽光を浴びながらの昼食タイム。
下山時刻が日没前後になるのではないかと思ったが
予定よりも早く下りれそうなので昼食はくつろいだ。

食後、恒例のメモリーショット。



ウォンタさん、YASSAN、山けんさん、まめちゃん、sakoさん、なためさん、小生

下山は八丁平を経由して江賀谷へ。




八丁平は植生保護のため、その周囲を歩くようになっているが
美しさは絶品。




廃村八丁を想起させるような景色。







八丁平を後にして江賀谷へ。
江賀谷の下りは大きな岩もなく人にやさしい谷道。

何度も渡渉を繰り返しながら車をデポしている葛川中村へ。




葛川中村、14時40分。

坊村へ車を取りに行く。
車を一台デポしておいたので
車道歩きを省けて体調不良の小生にとっては助かった。

久しぶりの京都北山エリアの山行。
10数年前はよく足を運んだが、今回のルート、初めてだったので
風邪で体調がよくなかったにもかかわらず
周回ルートを楽しむことができた。




  1. 2018/12/05(水) 22:21:01|
  2. 比良の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2