ヴァリエーションが好きやねん vol.2

霊仙山西南尾根 19.2.17




昨年初めて西南尾根から登ったが、稜線からの景観に魅せられた。

メンバーの足並みが揃わずピークを眺めるだけで
Uターンの憂き目にあった昨年のリベンジをなんとかはたしたいと今年も計画。

昨年のブログは霊仙山西南尾根18.2.18

● ● ●

昨年は取り付き付近に積もっている雪に立ち往生している車があったが
今回その雪は皆目なし。
昨年と同じ所に車を駐め、8時30分頃レディゴー。

廃村の今畑、住職のいないお寺の脇を通り抜ける。
まだまだ使えそうな建物、地域活性化の空間として利用できないものだろうか。




稜線は青空が広がり、春山の雰囲気。
雪を求めてきたが、これはこれで気持ちがいい。







急斜面に散乱する石灰岩。
雪が溶けて、土がゆるみすべりやすい。
九十九折に付いていた先行者のトレースも消えて
石灰岩の間を縫うように高度を稼いでゆく。







急斜面を登りきったところが近江展望台。
そこから近江市内を俯瞰するよりも前方に広がる霊仙山のカルスト台地の広がる景観が実にいい。
登り始めは青空が広がっていたが、頭上は雲の流れが忙しい。




稜線上は北西の風が冷たく、耳当てをする。







同じような眺めが続くが飽きない。







気温の割には十分なエビのしっぽが群がる。
冷たい風のせいだろう。







登り始めた時は春山だと思ったが
ここら辺りはまだまだ冬の様相だった。




霊仙山最高点、11時50分。
ピークでメモリーショット。
パートナーはなためさん。




最高点から北西のもう一つのピーク霊仙山には10分ほど。
何人かのパーティーが立っているのが見て取れる。
そこまで距離はありそうだが、カルスト台地で多少の起伏があっても
体に堪えるようなものでないので足取りは軽い。




霊仙山、経塚山を経由して経塚山北東にある避難小屋で昼食タイム。
鈴鹿の山でも霊仙は風が強い山だと思う。
その風を避けての小屋での昼食は最高のくつろぎ。
日本酒の熱燗が五臓六腑にしみ込み冷えた体を点火する。(爆)




下山はあせふき峠から今畑へ。

登りの近江展望台の斜面も土がゆるみ登りにくかったが
下りのこちらもお虎ヶ池を過ぎたあたりからの急斜面が
それとは比べ物にならないぐらいのぬかるみ状態。
登山靴もドロドロ。
滑るとオーバーパンツは万事休すで、慎重に足を運んだ。
故に今回の核心はここだった。

あせふき峠から今畑は谷道で初めてだったので
どんな道か楽しみだったが多少荒れ気味。
渡渉を2、3回繰り返したか。
昨年みたいにたっぷり積もった雪だとけっこう手間取るかなと。

15時20分、下山。

今年の雪山、今回で3回目。
これまでの2回は予定のピークに届かず敗退。
やっと白星がつき気持ちもほっ!!!(笑)



  1. 2019/02/19(火) 10:43:19|
  2. 鈴鹿の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奥美濃・アラクラ 19.2.2




今年になって2回目の雪山。
前回は高島トレイル上にある武奈ヶ嶽。
比良の武奈ヶ岳は過去何度も登っているが「ダケ」違いの武奈ヶ嶽は初めて。
勇んで臨んだがネガティブな要因が重なってあえなく敗退。
故にブログにアップするネタなし。

奥美濃と言えば雪深いところ。
大阪近郊に雪がなくても奥美濃まで足を伸ばせば雪山遊びができる。
その奥美濃の山々に年に一度は足を運んでいるが期待を裏切らなかった。
今回はどうか・・・。

● ● ●

八戸ノ里を6時20分に出て
名神、北陸道、木之本ICを経由して道の駅さかうちに8時45分着。
道の駅の駐車場に車を駐め、9時レディゴー。

道の駅から取り付きは目と鼻の先。
取り付く尾根の麓はハイキングコースになっているみたいで
広瀬城跡の道標あり。




頭上を見上げれば、青空が広がって申し分なし。
スノーシューを装着して雪に埋まった稜線を闊歩するには
最高のシチュエーションだと思ったのだが。




広瀬城跡を過ぎると徐々に雪が出て来たが、しばらくはつぼ足で進む。

高度600m辺りでスノーシューをセット。
雪質は決してよくない。
堅い上に沈んだスノーシューを引き上げるのが重い。




スノーシューを付けてルンルンと足を運びたいところだが
今日の敵はヤブ。
例年なら雪の下に埋まっているヤブの枝々が通せんぼするように
立ちはだかる。
足下の積雪も例年と比べると随分少ない。




ストックを脇の下にはさみ、両手でヤブをかき分けて進むが
タイムロスが半端じゃない。







ヤブ、ヤブ、ヤブ・・・。




ヤブがいくぶん少なくなったと思ったら
高度900手前の急斜面。
この急斜面手前に痩せ尾根の岩場がありけっこう手こずった。




高度900に立ったところで12時30分、万事休す。

前方に到達予定のアラクラらしきピークが立ち木の間に見え隠れしていたが
まだ1時間半ぐらいはかかりそうなので
ここで昼食をとり、引き返すことにした。

昼食後のメモリーショット。



YASSAN、キッシャン、小生

今回の山行を行うにあたって
ヤマレコの山行記録を参考にさせていただいたが
どこにも「ヤブ」の「ヤ」の字もなかった。
往年の元気があればアラクラ(A)、黒津山(K)、天狗山(T)を周回するAKTループをしたいが
今日みたいなヤブでは計画段階で気持ちをそがれてしまいそう。

15時過ぎ道の駅に下山。



  1. 2019/02/03(日) 16:36:32|
  2. 福井・奥美濃・湖北の山々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2