ヴァリエーションが好きやねん vol.2

石谷川遡行 19.8.25

ishi1.jpg

石谷川は今回で2回目。
前回の記録は
https://udrfine.fc2.net/blog-entry-179.html
お盆に行った立山から薬師岳の縦走がかなり体に堪えたので
今回はコンパクトに遡行ができ
水と適当に戯れて、しかも下山が楽なということで
石谷川に決めた。

● ● ●

新名神高速のガードを通過してすぐの所に 仙ヶ岳登山口の道標がありそれに沿って道なりに進む。
駐車地点に近づくにつれて道は荒れ気味。 車高の低いセダンは無理かも。

駐車地点のすぐ側に川原に下りる鉄製の階段があり。9時レディゴー。

川原に降り立っていつもと違うのは、今日は参加者が8人でにぎやか。
沢経験の少ない人もいるので気をつけなくっちゃ。

ishi2.jpg

前日の雨で濁っているかなと思ったが、水はまずまずの色を呈している。

ishi3.jpg

威圧感はないが、形のいい頂礼井戸滝。
ホールドがなく直登は無理なので左から巻く。

ishi4.jpg

行く手を阻むゴーロ。

ishi5.jpg

泳ぐもよし、左の壁を歩くのもよし。それぞれの好きなルート取り。

ishi6.jpg

泳いでも水の冷たさを感じない絶好の沢日和。

ishi7.jpg

ishi8.jpg

ishi9.jpg

七つ釜の廊下を前にして。

ishi10.jpg

はたして登れるんやろかと偵察。

ishi11.jpg

釜を右から左へと泳いで横断し、壁沿いに進み落ち込み基部に上がる。

ishi12.jpg

基部から一段上に上がったがそこから上はホールがなくて無理だと。

ishi13.jpg

そして上からなためさんが下の3人を俯瞰する。

ishi14.jpg

果敢に水流にチャレンジ。

ishi15.jpg

この谷最大の白雲の滝の前で。
前回は白雲の滝を登ったが今回はその滝の下で昼食タイム。
そして遡行はそこで終了。

ishi16.jpg

昼食タイムの前に恒例のメモリーショットだがメンバーが多いので名前は割愛。
ishi17.jpg


遡行+下山は約4時間あまりのコンパクトな山行だった。

絶好の沢日和の時の中に身をおき、盆休みの立山縦走の辛さも忘れるほどだった。(笑)
  1. 2019/08/27(火) 22:12:15|
  2. 最近行った山
  3. | コメント:0
| ホーム | 立山〜薬師岳縦走 19.8.11-13>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する