ヴァリエーションが好きやねん vol.2

六甲・水晶谷 19.12.15

s1.jpg

今年最後の山行は、六甲の水晶谷へ。
水晶谷の西の方向に大月地獄谷があるが、堰堤の数の多さに辟易したことが忘れられない。
水晶谷も堰堤の数は多そうだが大月地獄谷みたいなことはないやろと。



JR住吉駅8時45分発のくるくるバスに乗りエクセル東へ。
乗車時間20分ほどで取り付きへ。
バスに揺られて住宅街の坂道を縫って行くと駅から歩くと大変だなと。

9時10分過ぎレディゴー。
西滝ヶ谷方向へ足を運ぶが、下の写真の道標のところで
あらぬ方へ足を運び軌道修正することも。

s2.jpg

s3.jpg

西滝ヶ谷に下り立つまでにさらに道迷いを一回加えたが
やっと西滝ヶ谷に下り立った時はやっとここからが水晶谷のバリエーションが始まるんだと。

s4.jpg

枯れたヤブは想定内。
直近雨があまり降っていないのに水の多いのは想定外。
以後渡渉を何度も繰り返したので靴の中に水が沁み入ることも。

s5.jpg

高い堰堤をトラバースするのに設えられたトラロープ。

s6.jpg

s7.jpg

人工物が勝ち気味の中、目を和ませる小滝。

s8.jpg

堰堤を乗り越えて行く際に気がついたコンクリートの角に当たりすり切れたロープ。
こういうのを見るとトラロープがあるから言って
全身を預けることはかなりハイリスクだと。
コンクリートの角に当たりすり切れたロープは2、3カ所で発見。

s9.jpg

s10.jpg

s11.jpg

いくつかの堰堤を乗り越えて、水晶小滝の前でメモリーショット。
参加者はまっちゃん、tetsuさん、みいこさん、YASSAN、ヨッシー、ウォンタさん、なためさん、小生

s12.jpg

ホッチキス付きの堰堤は楽。

s13.jpg

待望の水晶大滝と対面。高さは15mくらいか。
少し下った所に右岸の巻き道があったが
水の流れの左はガバが多いので登れそうだと。

s14.jpg

ただザイルを持参していなかったので
10m細引き+シュリンゲ2本をつなぎ、先攻隊長のなためさんがトップで。

s15.jpg

トップが登りきったのを確認して後続の6人が続く。
2人は巻き道から。
後続の6人が登りきらないうちに巻き道の2人は上に。

s16.jpg

s17.jpg

s18.jpg

s19.jpg

水晶大滝を登りきるとあとは見どころなし。
堰堤だけはいくつか出て来たが、ガーデンテラスを目指すのみ。
ガーデンテラスで喉を潤したビールが最高。

下山は石切道から。
石切道を下るのは初めてだったが歩きやすい道だった。
エクセル東の16時10分発のバスに乗る。

水晶大滝を登ったことによって今年最後の山行はメリハリのきいた山行のうちに終えることができた。

suishoutani.jpg



















テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/17(火) 21:08:48|
  2. 最近行った山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム | 比良・蛇谷ヶ峰 19.12.1>>

コメント

いつもながらハードな山行恐れ入ります、皆さんタフですね、GPSに地図そしてコンパス、ヘッドライトと用意万端でしたが深夜に帰ってきたので気力減退、行けませんでした、来年は休みが合えば参加したいと思います、新年もよろしくお願いします、
  1. 2019/12/20(金) 19:23:49 |
  2. URL |
  3. 山けん #-
  4. [ 編集 ]

山けんさん
何年か前、山けんさんとなためさんと三人で行った大月地獄谷と比べると随分楽だったような気がします。
堰堤の数も少なかったと思います。
水晶大滝を登ったので山行としてはメリハリがきいて個人的には満足しています。
今のところ、近場での雪のたよりがないですが
年が明けたら雪だよりが届くのを期待しましょう。
  1. 2019/12/20(金) 23:22:39 |
  2. URL |
  3. ユーエス #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://udrfine.fc2.net/tb.php/263-6f86ce17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)