ヴァリエーションが好きやねん vol.2

銚子ヶ峰 20.3.20-21

tyo1.jpg

今シーズンの雪山は金糞岳で終わったつもりでいたが
岳友のYASSANから山行のお誘いがあり一つ返事で参加表明。
ただ懸念することがが一つ。
6年前丸山に行った時の白山中居神社から石徹白登山口までの長くて辛い林道歩きが蘇る。
果たして今回歩けるのか?



東大阪の布施を6時30分に発ち、順調に白鳥IC着。
インターを降りると、季節外れの小雪が舞い始め、
ワイパーが忙しく動き始める。

凍結したところはないやろとノーマルタイヤで来たが
白鳥ウイングヒルズスキー場の手前あたりでは
見た目5センチ程度の積雪でノーマルタイヤでは幾分滑りそうな雲行きに。

2駆を4駆に切り替え、恐る恐る車を走らせ、後続の車に道を譲りながら
目的地の駐車場着。

白山中居神社に着いても雪は止まず、車の中で昼食をとり
12時前、石徹白登山口に向かって歩を進める。

tyo2.jpg

途中すれ違った登山者は登山口からの積雪が予想以上に多かったので撤退してきたとのこと。
僕たちはとりあえず登山口まで行ってみてそこで幕営するか神鳩小屋に進むか判断しようと。

2時間近くかかって登山口に。

tyo3.jpg

リーダーのYASSANの判断は予定通り神鳩小屋へ行くと。
林道の途中でスノーシュー組はすでに装着したが、ワカン組も登山口から装着。

石徹白の杉と人を比べるとその杉の大きさがよくわかる。

tyo4.jpg

春山だと言うのに新雪が降り積もり、おまけにノートレースで
雪山を堪能するには十分なシチュエーション。

tyo5.jpg

東の空に青みがかかるが西の空は曇ったまま。

tyo6.jpg

無雪期なら樹林がさぞ美しいだろうなと思われるところ。

tyo7.jpg

常にトップで踏ん張るYASSAN。
スノーシューでも太もも辺りまで沈む難所が1ヶ所あり。
疲れたYASSANとこの辺りでトップを少しだけ交代。
3mほど進むのに雪が深くてズルッ。
ストックではピッケルみたいに雪かきができないので
立木の枝に掴まりながら難所を乗り越える。

tyo8.jpg

難所を乗り越えた後は、小屋まで傾斜も緩やかに。
疲れていたのだろうか、木々の枝枝の間に小屋でもないのに小屋らしく見えたりする幻影(?)が。

やっと待望の小屋。
雪囲いを外し、ドアを開けて小屋中に入ろうとするもドアがビクともしない。

最初は原因が分からず、対処に困ったが
引き戸の下のレールが氷で埋まっていることがわかった。

その氷を取り除くのに先の尖った金槌でもあればよかったのだが
そんな気の利いたものはあろうはずもなく
お湯をかけたり、小屋備え付けのスコップで叩いたりした結果
30分ぐらいかかってようやく小屋の中へ。

小屋の中は6年前とほとんど変わらないぐらい綺麗に維持されていた。
ストーブも2台あったが肝心の灯油がなくて暖を取れなかったのが惜しかった。

tyo9.jpg

翌朝、頭上には青空が広がり申し分ない天気。

7時過ぎ小屋発。
快適な小屋の中で疲れも取れ、荷物を小屋にデポし、足取りも全員軽い。

tyo10.jpg

向かうは光輝く母御石へ。

tyo11.jpg

雪煙が巻き上がる北東の別山があまりにも美しい。

tyo12.jpg

黒い母御石が近くなってきた。その後ろに少し顔を出す銚子ヶ峰の平らなピーク。

tyo13.jpg

tyo14.jpg

別山に続く一ノ峰、二ノ峰。

tyo15.jpg

別山をアップで。

tyo16.jpg

雪山シーズンの終わりになって初めて目にする雪紋。

tyo17.jpg

tyo18.jpg

小屋から1時間半足らずで銚子ヶ峰のピーク。
山名板は雪の下に埋まっていて、GPSでピークを踏んだことを確認。
そして恒例のメモリーショット。

tyo19.jpg

パートナーは、YASSAN、TETSUさん、かずぅさん、小生

6年前次回は銚子ヶ峰のピークをと思っていたが、その宿題をやっと解決。
ピークを踏んだ後は来た道をピストン。
願教寺山経由の下山も考えたが渡渉箇所が2か所あることでパス。

tyo20.jpg

小屋で荷物をパッキングし、登山口へ。
登山口で行動食をお腹に放り込み、憂鬱な林道歩きへ。
とにかく2時間歩き通すことだけを頭に叩き込み、黙々と歩き続ける。

嬉しい誤算が起きた。
林道歩きの行程の3分の1ぐらいを残したあたりで
後ろから来た軽トラックに声をかけられ、「乗って行くか」と。
4人とも間髪入れずに荷台へ。

こんなストーリーがあるとは予定していなかった。(爆)

13時45分、白山中居神社駐車場。










テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/03/24(火) 15:55:49|
  2. 最近行った山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 金糞岳北尾根 20.2.23>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://udrfine.fc2.net/tb.php/267-545140b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)