ヴァリエーションが好きやねん vol.2

半作嶺から三ツ森山 20.10.4

han1.jpg


以前は大阪からはなかなか足が向かない山域だったが
白浜までの高速が整備されて随分行きやすくなった。

2週間前に滝本北谷に行って以来、
地図上でネットサーフィンならぬマップサーフィン(造語)をしていると
半作嶺(はんされい)を見つけた。

山名としてはユニークな名称であるが
低山の割には急斜面やロープがあったりして面白そうな印象を受けたので
初めて南紀の普通の山登りへ。
(過去沢遡行は尾鷲あたりの沢を始め何度か足を運んでいる)



取り付きまでの道は
南紀田辺IC〜県道35〜R311〜県道219〜熊野(ゆや)下川林道〜登山口。

セメントで固めらた取り付き地点の前に車3台ほど駐車できるスペースがあり。

9時過ぎレディゴー。
とりあえず半作峠へ歩を進める。

植林の中に行く手を遮るような巨岩。

han2.jpg

半作峠、20分ほどで着。
目を見張るような展望も得られないので半作嶺へそのまま足を運ぶが
急斜面が待ち構えている。

han3.jpg

縦横無尽に網の目のように広がる木の根を掴みながら高度を稼いで行く。

han4.jpg

han5.jpg

アスレチックを楽しむ斜面がいろいろ。

han6.jpg

半作嶺ピーク近くの岩。

han7.jpg

登山口から2時間弱で半作嶺ピーク。
そのピークからは展望を得られないため山座同定できず。
それでもゆっくりくつろいだ後は三ツ森山へ登ってきた道をUターン。

han8.jpg

半作峠を過ぎて行ったあたりの植林が絶えたところに広がる南南東方面の山々。

han9.jpg

三ツ森山へのピークも半作嶺への登りみたいなアスレチックを楽しめる登り。

han10.jpg

han11.jpg

ブログトップの写真は、830の鞍部から見た三ツ森山手前の920の西のピーク。
(下山してから解ったことだが、三ツ森山は西のピーク、主峰、東のピークから成るらしい。)

その950の三ツ森山の主峰にほぼ12時。

今回の行程は短いので昼食タイムはゆったりと。

昼食後は恒例のメモリーショットで
TETSUさん、みいこさん、なためさん、まめちゃん、YASSAN、小生。

han12.jpg

ピークでくつろいだ後は半作峠へUターン。

下の地図でわかるように6人の内3人が半作峠手前でルートを外して南東へ。
原因は打ち落とされた枝で道が隠れてしまい、ついついあらぬ方向へ。
外した道もどこへつながっているのかわからないが明瞭な道だった。

14時、下山。

さあ一汗流して大阪へ帰ろうと、乙女の湯へ車を走らせるも
開店は午後5時からということで閉まっていた。
乙女の湯に入るのを楽しみにしていたが
帰り道のインター近くに「弁慶のさと湯」なるものがあったのでそこで汗を流すことに。

初めての山域の山行だったが、1000m前後のアップダウンの多い山々が多いので
大阪から近くなった分、興味が湧いてきた。

han13.jpg

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/10/06(火) 01:12:16|
  2. 最近行った山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄山 20.10.18 | ホーム | 滝本北谷 20.8.20-21>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://udrfine.fc2.net/tb.php/275-8f62be2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)