ヴァリエーションが好きやねん vol.2

鉄山 20.10.18

tetsu1.jpg

鉄山(てっせん)は以前は迷いやすい山と言われていたが
最近は団体さんが登るなど、しっかりした踏み跡や随所にテープ類があるので
さほど迷いやすい山とは言えなくなったようだ。
ただ下山に関してはいくらテープ類があるとは言え
地図読みを要求される山には違いない。



みたらい渓谷付近には朝早くから車がやけに目に付いた。
どうやら渓流釣りの車らしい。
先週みたらい渓谷ハイキングに行った知人が言っていた
車の混雑とはこのことを言っているのかな。

車の混んだ脇を通り抜け、取り付き口の大川口に着。
8時45分、レディゴー。

橋を渡るといきなり急斜面の始まり。

tetsu2.jpg

ピークまで登り一辺倒なので、小刻みに休憩を取るよう心がける。

tetsu3.jpg

tetsu4.jpg

写真でわかるかな、急斜面が。

tetsu5.jpg

高度を稼ぐと、ひょっとして綺麗な紅葉を目にすることもあるかなと内心思っていたが
わずかに色づいた紅葉がちらほら出てきた。
真っ盛りな紅葉にはあと10日前後かかるみたいだが。

tetsu6.jpg

南東方面の斜面の紅葉。

tetsu7.jpg

この山域は自然林ばかりなので格別美しい。

tetsu8.jpg

1380の平坦地から鉄山のピークの山容が見えてきた。

tetsu9.jpg

tetsu10.jpg

ピークへの最後の急斜面、ファイティン。

tetsu11.jpg

tetsu12.jpg

鉄山のピーク、11時20分。

ピークは展望も得られないところで、朽ちた山名板が木の枝にぶら下がっているのみ。
人が立てるスペースは7、8人か。
ゆっくりと昼食を取れるスペースもないので
1480の平坦地へ踵を返し、そこで昼食タイム。

tetsu13.jpg

昼食後に恒例のメモリーショットは
なためさん、sakoさん、YASSAN、みいこさん、小生。

tetsu14.jpg

道中見つけた面白いきのこ。名付けて夫婦だけ、そんなんあったっけ。

tetsu15.jpg

前日降った雨の影響で下山時は樹の根に靴を置くと滑りやすいので
気をつけながら下山、14時。

鉄山のピークを踏むのは今回で2回目だが大川口から登るのは初めて。
前回は聖宝谷〜弥山〜鉄山のロングルートだったが
今はそのルート周回すると聞いただけで後ずさりする自分がいる。(笑)

今回、往復ほぼ5時間のコンパクトな山行だったが
ガタが出始めている足腰の状態を測るのに適度な斜面と距離と時間だった。

tetsu16.jpg


テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/10/21(水) 00:39:16|
  2. 最近行った山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大山・剣ヶ峰 20.11.1 | ホーム | 半作嶺から三ツ森山 20.10.4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://udrfine.fc2.net/tb.php/276-d1e1fbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)