ヴァリエーションが好きやねん vol.2

ヒノコから皆子山へ 22.1.23

hinako1.jpg

5年前の3月に同じ南西尾根を歩いているが
20日に京都の金閣寺界隈で10センチ前後の積雪があったとの情報に接し
果たしてヒノコの取り付きまでスムーズに車が入っていけるだろうかと、
一抹の不安があった。



市道大原17号線の山間部に入ると、道は雪こそ積もっていないが
至るところで凍っており、4輪駆動でスピードを抑えながら
無事ヒノコの取り付き近くに着いた時は、ほっ!

車の行き交いができるように雪かきされたスペースに車を駐め
9時30分頃レディゴー。

駐車地点からワカン or スノーシューを装着しての始動。

ノートレースの尾根に取り付くやいなや、膝あたりまでズボッ、ズボッと踏み抜く。
こりゃ先が思いやられるわ、と。(笑)

hinako2.jpg

雪が締まったあたりは、当然ながら軽快な足取り。

hinako3.jpg

前回の武奈ヶ岳のピッチと同じく、今回も1時間で高度200mを稼ぐ。

hinako4.jpg

900の小ピークまでは順調だったが、それを過ぎてからのアップダウンが体に堪える。
平均して20〜30m下って、それの登り返しが何回続いただろう。

hinako5.jpg

南西尾根の見どころスポットが続く。

hinako6.jpg

ノートレースの雪原に誘導されるように谷の源頭部に下って行く。
下るとまた登り返し。コリャツカレルワー。

尾根通しで歩けば少しは楽なんだけど
ガイドのYASSANの背中を追ってゆく。

hinako7.jpg

皆子山のピークの後方に白無垢の光り輝く蓬莱山が美しい。

hinako8.jpg

前面の斜面を登ると皆子山のピークかなと淡い気持ちを抱くが、マダマダ。

hinako9.jpg

hinako10.jpg

「家でコタツに入ってる方が楽やのに
よぉ寒いところへ好んで行くわ」と言う知人がいるが、その通りかも。(笑)

hinako11.jpg

hinako12.jpg

まだピークに届かない。

hinako13.jpg

いくつ小さな谷の源頭部を踏んだだろう。
振り返ると6つぐらいの源頭部を通過しただろうか。

hinako14.jpg

皆子山ピークの城壁みたいな雪庇。

hinako15.jpg

13時、無人の皆子山のピークを踏む。
いつもなら人の気配のあるところだが、今日は僕たちのパーティのみ。

山頂で昼食タイムを終えてのメモリーショット。

hinako16.jpg
なためさん、みいこさん、YASSAN、tetsuさん、小生

下山は926から北西尾根から林道へ。
その林道歩きに一時間、凍った路面に尻餅こそつかなかったが
何度転びそうになったことか。

16時50分、駐車地点、
車を走らす頃にはフロントガラスには雨。



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/26(水) 22:43:51|
  2. 最近行った山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<強風下の藤原岳 22.2.6 | ホーム | 細川尾根から武奈ヶ岳へ 22.1.9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://udrfine.fc2.net/tb.php/296-0f1ed1b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)