ヴァリエーションが好きやねん vol.2

雪深き稲村ヶ岳 22.2.23

inamura1.jpg

20日の日曜日に堂満ルンゼに行く計画を立てていたが
天気予報があいにくだったので早めに計画を中止。
23日の天気予報が青空も期待できそうだったので、行き先も稲村に変更。

冬の稲村は10年前にピークを踏んでいるが
小屋手前の樹氷が格別きれいだったのが印象として残っている。



母公堂の駐車場に車を駐めようと思ったらすでに満車。
引き返してごろごろ水を管理する駐車場に駐める。
駐車場代、なんと1200円。まあ4人の割り勘だからいいかと。

稲村への入山が多そうだので、それなりにしっかりトレースもあるだろうと、
全員ワカンを車に置いて行く。

8時40分レディゴー。法力峠までは樹林帯の味気ない道。

その法力峠で衣服調整。

inamura2.jpg

今日も雪はたっぷりだが、お目当の青空がない。
直前になって天気予報は曇りのち晴れ、ガァーン。

inamura3.jpg

稲村の道は傾斜のゆるいトラバース道が続く。
先行者の踏んだ肩幅ほどのトレースを油断すると谷側に刹那ずるっ!クワバラクワバラ!

inamura4.jpg

駐車場で思ったほど人は入ってなさそうだ。
あの車の人たちはどこへ行ったのだろう?
山上ヶ岳かな?
法力峠で出会った二人組は観音峰へ向かったが。

inamura5.jpg

ワカンを駐車場に置いてきたことを後悔す。

inamura6.jpg

青空をバックにした樹氷を見たかったが、樹氷だけはたっぷり。

inamura7.jpg

細いトレースがあっても雪が深くなってきた。

inamura8.jpg

inamura9.jpg

inamura10.jpg

もうそろそろ小屋のはずだが・・・。
今日は簡単には小屋へ近づかせてくれない。

inamura11.jpg

inamura12.jpg

前方に目を疑うような小屋手前の橋の崩落。
そこでトレースも絶えている。

途中僕たちが追い越した3人のパーティーはそこでUターン。

小屋まで行こうと思えば登山道左手の立った斜面を登らなければならない。

その斜面に僕たちより先に突っ込んだトレースがあったが
断念して引き返してきた単独行者と言葉を交わす。

とりあえずは小屋までは行こうということで
深く積もった雪の斜面をピッケルを駆使しして登る。
ピッケルとアイゼンの前爪を蹴り込んで、まるで登攀。
滑落すれば・・・。

僕たちがその壁に突っ込むと決めたので
ならばと言うことで単独行者は再度僕たちの後を追ってきた。

inamura13.jpg

今日はパワーのあるくま吉さんとウォンタさんがいるので心丈夫。(笑)

inamura14.jpg

難所を乗り越えホッ! 目と鼻の先に稲村の小屋。

inamura15.jpg

稲村の小屋、ほぼ13時。

小屋裏で胃袋を満たしたあとは、稲村のピークに行けないなら大日山へ行こうかという
声もあったが、タイムオーバーで断念。

小屋前で恒例のメモリーショットを単独行者に撮ってもらう。

inamura16.jpg
なためさん、くま吉さん、ウォンタさん、小生。

下山は小屋手前で会った別の単独行者が付けたスノーシューのトレースを追って行こうと。
尾根通しで下山するみたいなことを言っていたが
ワカンも持ってないので登ってきた道に下りることに。

ただ登ってきた斜面はザイルがなければ下りられそうもないので
少しでもザイル無しでも降りれそうな谷筋に目星をつけて下降。
その谷筋を下りながら思ったのは堂満の第3ルンゼを下りているみたいだなと。

inamura18.jpg

駐車場16時。



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/02/26(土) 11:58:03|
  2. 最近行った山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<姫路・明神山 22.3.6 | ホーム | 強風下の藤原岳 22.2.6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://udrfine.fc2.net/tb.php/298-add8955a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)