ヴァリエーションが好きやねん vol.2

奥わさび谷遡行 22.6.18

okuwaasbi0.jpg

千秋林道を走るのは何時以来だろう。
10年ぐらい前、万才橋が雨で流れて千秋林道が通行止めになって以来かな。
当時はマナコ橋から派生するいろいろなルートに魅せられて何度か計画したものだ。

梅雨時の山行計画を立てるのは天気予報に振り回され悩ましい。
今回も最初は日曜日だったが、天気予報を見て土曜日にスライド。
ところがその土曜日も前日の朝には「てんくら」ではAだったが
夜にはBからCになっていた。

すでにゴーサインを出した後だから、当日レットイットビーである。



千秋林道駐車場、8時40分レディゴー。

なつかしいマナコ谷登山口。
三重県側から桧塚奥峰に上がる取り付き。
初めてそこから桧塚奥峰に上がった時は、明神平から桧塚奥峰のルートでは
目にすることのできないミニ森林限界みたいな景観に感動したものである。

okuwasabi2.jpg

奥山谷方面に足を運び、わさび谷出合で沢用具を身につけスタンバイ。

苔むしたゴーロが癒し系の谷の雰囲気を演出。

okuwasabi3.jpg

それぞれが好きなルート取りで歩を運ぶ。
わさび谷を進むとほどなく奥わさび谷と口わさび谷の二又。
奥わさび谷はその右又。
口ワサビ谷はさほど遡行対象になるような谷ではないらしい。

okuwasabi4.jpg

わさび谷に入渓する前に見た木屋谷川の水の流れはけたたましかったが
わさび谷の水量は
木屋谷川のそれと比べるとかわいいもの。(笑)
それでも油断すると水かさの浅いところでも足を持っていかれそうになるところもあったが。

okuwasabi5.jpg

さすがにゴルジュには突っ込めず右からの巻き。
水量が少なかったら突っ込んだかも・・・。

okuwasabi6.jpg

気持ちよく浅瀬の滝をチャプチャプと。

okuwasabi7.jpg

okuwaasbi7.jpg

樋状の滝も水量多く、右からそれを眺めながら巻く。

okuwaasbi8.jpg

この小滝は幾分濡れながら水の際を突っ込んだような・・・。

okuwaasbi9.jpg

二条の滝は左岸からの巻き。

okuwaasbi10.jpg

途中伏流気味になるところがあったが、源頭部近くになると再び手頃なナメの斜滝が出てきた。

okuwaasbi12.jpg

詰めはヤブコギなしで水線の絶えた辺りから
緩やかな傾斜面から桧塚奥峰目指すが
頭上から雨がぽつぽつ。

桧塚奥峰のピークで沢装備を解いて、昼食タイムにしたかったが
ピークには雨よけになる木がないので
その手前の雨よけになる木を選んで昼食タイム。

雨がおちてきたからと言って、大粒の雨でなかったので
木の下でゆっくり昼食タイムをとれた。

下山は何度か歩いたことのあるマナコ登山口めざして、尾根道を下りる。

15時ジャスト、駐車地点。

雨よけにかまけて、恒例のメモリーショットを撮れず。
参加者は、キッシャン、みいこさん、なためさん、YASSAN、小生。

駐車地点でサワ道具を解いていると
足下にヒルが2匹。
しかも血を吸ったあと。
このあたりは近くの蓮界隈と違ってヒル情報のあまりないところだったが、
今日みたいに湿気が多く雨が落ちてくる日はしようがないか。

okuwaasbi13.jpg



  1. 2022/06/22(水) 23:30:15|
  2. 最近行った山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 初沢は白子谷へ 22.6.4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://udrfine.fc2.net/tb.php/303-6ab9b254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)